(真)日本の黒い霧

123便事件は世界の闇を照らす

アニメ

エヴァ、呪詛アニメの真打登場

待ちに待った「シン・エヴァンゲリヲン」の再延期後の公開日が決定したようです。同シリーズの影のスポンサーである、日本の水軍系組織もこれでやっと一息付けますね。 シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開日決定のお知らせ 初めに、この度の新型コロナウイ…

上代皇統とジブリ映画

昨日、(神)ブログにて「愛鷹山とアシタカ」というタイトルで記事を投稿しました。この記事中の分析図に更に詳細を加え、理解し易くしたのが下の図です。図:「もののけ姫」と「千と千尋の神隠し」の関係分析図(© 1997 Studio Ghibli・ND, © 2001 Studio Ghi…

ナディアの呪い

あーあ、何という事でしょう。公開日もわざわざ1月23日に合わせ込んで、気合ばっちりだった新作「シン・ヱヴァンゲリヲン」がまたもや公開延期です。いったい何があったのでしょうか?そうか、コロナか・・・(笑) 画像:公開再延期のお知らせヱヴァと言えば…

天気の子は休まない

昨日の記事「選択権なき天気の子」で、1月3日に放映されたアニメ映画「天気の子」に触れましたが、どうやら同映画の放映日は本日から始まった大寒波作戦と連動していたようです。昨年末頃、大々的に報道されていた「年末年始は全国的に降雪が見られる」なる…

選択権なき天気の子

あけましておめでとうございます正月の3日、あの「天気の子」が地上波で放送されました。1分間の特別エンディングがラストに添えられていると言うので、ちょっと覗いてみました。 画像1:開始部 画像2:中間部 画像3:終了部 (流れる筋雲は複十字=反キリ…

日の目を見ないプペル

知人から、コロナ騒動の最中、ある子ども向け絵本が映画化され、なんと明日25日のクリスマスに封切りされるとの話を伺いました。どうして私のところにその話が来たかというと記事「森守るボノロン」でお知らせしたように、子供向けの絵本、あるいはアニメの…

神に成るという高慢

今回は久々にアニメの話題です。知人から、この10月に始まったアニメの設定がちょっとアレなんじゃないかと声が掛かり、VOD系メディアで第1話を鑑賞しました。そのアニメのタイトルは 神様になった日です。画像1:アニメ「神様になった日」の主人公「佐藤ひ…

HELLO WORLD の暗号(2)

明日は8月12日、言わずと知れた日本航空123便遭難の日となります。あれから35年が経とうというのに、今年はコロナウィルス祭なんていう奇妙な世界イベントは発生するし、最近の記事をご覧になれば分かるように、ここに来て「123」がやたらメディアに露出する…

ニッポン人だけが豆まきを祝う

今日は節分ですね。私は日本人(にほん人)なので、豆まきなんかしません。外国人であるニッポン人はどうぞ、豆まきに興じてください。なんで、豆まきを避けるのかは以前記事にしているので、そちらをご覧いただければと思います。 参考: (1)節分の豆撒きは神…

アナログハックされた社会

※この記事は、1月24日付の(新)ブログ掲載「Princess Princess」の補足内容を含みます。本題に入る前に下の図を見てください。あなたは今、ビルの中でお手洗いを探しているとします。廊下の突き当りに次のような案内が出ていたら、あなたはどちらの方向に進む…

ゴジラの暗号-311は予告されていた

Hello World を映画館で鑑賞し終わって数日が経ち、時間ができたのでネット配信の映画でも見ようかとタイトルを眺めていたところ、たまにはこんなのも良いか、ということで懐かしのゴジラ映画を観ることにしました。ゴジラ映画といってもたくさんありますが…

HELLO WORLD の暗号

先日、劇場アニメ映画「HELLO WORLD」を観てきました(以下HWと省略)。今回はそれについて所感を述べたいと思います。ネタバレ要素を含むので、同作品を鑑賞予定の方は閲覧注意と予めお伝えいたします。 図:9/20より公開中のHELLO WORLD ストーリーの概要に…

たまこの呪い2-八百比は手塚治虫か

この記事は、「たまこの呪い - 京都皇統代の野望」の続編となります。前回のたまこの呪いで、気になるキャラクターとして紹介した、八百比 邦夫(やおび くにお)について、もう少し深く見てみます。そのキャラクター設定は ・うさぎ山商店街の喫茶店「星とピ…

たまこの呪い - 京都皇統代の野望

衝撃的な京都アニメーション放火事件から今日で2週間が経過しました。死者は35名、そして未だに10人の入院されている方がおられるようです。全ての犠牲者とご家族に対し哀悼の意を捧げると共に、一命を取りとめた皆様の一日も早いご回復をお祈り申し上げます…

涼宮ハルヒの呪い2 - 隠された明日香京

この記事は、前回「涼宮ハルヒの呪い - 京都は千年の古都ではない」の続編となります。今回は前回のプレゼン図を少しだけ詳しく説明しましょう。 前回のプレゼン図 ■春日(ハルヒ=かすが)は呪詛名 まず、何か名前を呪う時に読み順をひっくり返すのは基本の…

涼宮ハルヒの呪い - 京都は千年の古都ではない

この記事は、前回「京アニ出火に至る深層」の続編となります。今回はまず、一枚のプレゼンテーションスライドを掲載します。関心がある方は、これについてまずご自身で検証してみてください。 今、一言だけお伝えしたいのは、 全てのメディアが大衆心理の操…

天気の子、天候の調和が狂っていく時代

「君の名は。」で注目を浴びた新海誠監督の最新作「天気の子」が今年の7月に封切りになるようです。 図は天気の子公式サイトより公開はまだ先ですが、公式サイトに記されているコピーに気になる記述があります。 ・これは、僕と彼女だけが知っている、世界の…

ラブライブ、お亡くなりにはまだ早い

ご愁傷様です、チーン・・・・というのは冗談で、いったいどうしちゃったのでしょうね?ラブライブサンシャインはこのブログでもたいへん注目していますので(※)、早く復旧されることを願っています。※注目していると言ってもライバーではないので、その点誤…

やっぱり沼津は陰謀のテーマパーク

今回もまた沼津の話題を失礼します。もしかしたら、読者さんもいい加減飽き飽きしてきたかもしれませんが、当方の予想を超えて次々とネタが出て来るので、記録を残すという意味でも本記事にお付き合い頂きたいと思います。アニメ「ラブライブサンシャイン」…

月面着陸と八咫烏

※この記事は(新)ブログ「両陛下へ繋ぐ神武天皇御陵」および「八咫烏はニセガラス」両記事に関する補足説明を兼ねています(新)ブログで、神武天皇御陵、および八咫烏に関する記事を出したところ、さっそく次のような報道が出ました。 記事1 宇宙飛行士を5年…

ラブライブ、忘れちゃいけない田子の浦

前回の記事では、沼津市の三津(みと)について書かせて頂きました。その中でアニメ「ライブライブサンシャイン」のメインキャラに触れましたので、その続編として、本記事を提供いたします。今回お知らせする場所は、沼津市のお隣、同じく駿河湾を囲む静岡県…

ラブライブより面白い沼津の魅力

静岡県沼津市にお住まいの方から、ここ最近、頻繁に軍用機が上空を行き来するとの報告が入っています。特に一昨日の20日は激しかったようです。同じ報告は横浜・横須賀方面からもありました。国民の与り知らぬ所で、時代錯誤の軍関係者は何をやってるのでし…

黒霧推奨アニメのご案内

今更ご報告するまでもありませんが、このブログの中では、何度も映画やアニメのネタを使わせてもらっています。当初は、映像作品クリエーターさんの想像力や洞察力はたいしたものだと思っておりましたが、最近になってまた見方が大きく変わってきました。も…

日本の始まりとダリフラ

今回は久々にアニメの話題です。昨年(2018年)に放送された「ダーリン・イン・ザ・フランキス」(通称ダリフラ)をたまたま目にしたところ、思わず引き込まれて数日で最終回まで鑑賞し終えてしまいました。 男女二人の主人公、それぞれモデルになった歴史上の人…

アニメ「黒の契約者」が教える星読と宇宙

ネット上のある記事で面白くもちょっと恐い内容を目にしました。人の魂というものはいくつにも分割可能で、分割された個々の魂は、様々な目的の為に封印されるという話です。神社の神様は、よくどこそこの神を分祀したものと由緒書に書かれていたりしますが…

アニメに見る言葉の呪詛

※この記事は、某ブログさんに投稿したコメントを加筆した上で再掲したものです。 過去、そして現在も放映されているアニメのタイトルから、そこに込められた言葉の呪詛が色々わかります。その例をいくつか列記してみましょう。 【銀〇鉄〇999】 999 をひっく…

もう一つの「君の名は。」(1)

※追記があります(1月11日午前10時30分頃) この記事は、昨年12月24日に掲載した関連ブログ(新)日本の黒い霧の「明日はクリスマスーエルサレム首都承認と日本」で触れた、映画「君の名は。」について、独自の解説を試みるものです。何度も強調しておきますが、…