(真)日本の黒い霧

123便事件は世界の闇を照らす

呪詛

皇居を狙え-呪術から見た地下鉄サリン事件

※関連項目として、文中に『「百日後に死ぬワニ」の演出意図』を追記しました(03-23-11:00)先日3月20日、あの忌まわしき地下鉄サリン事件から25年が経過しました。私は、この事件は123便事件と同じく、真実がうやむやのまま忘れ去られようとしている、日本の…

TOKIOの暗号-福島から死のメッセージ

このブログでは言葉による呪いをテーマにいくつか記事を掲載しています。主にメディア表現されたものを扱っていますが、それでも全てのプログラムをチェックする訳にも行きませんし、元々、私はテレビは観ない方だとも言えます。ですから扱う元ネタはどうし…

コロナ祭、まさかとは思いますが

言葉の呪詛と言うのは、使う本人が意識していなくても、そう意味が取れてしまうと勝手に成立してしまいます。もちろん、意識してそれを使うと人の想念が働き、相手の潜在意識に届いてしまいます。ですので、一見くだらない親父ギャグでも侮れないのです。そ…

NHKのコロナ遊び

NHKさん、もとい現在の政府内が熱烈なニッポン信者であることは以前から存じあげておりましたが、国民の皆さんがコロナウィルスに不安を抱えておられる昨今、これはいささか不謹慎であり、如何なものでしょうか?3月3日のひな祭りの日に合わせて、これをやり…

ダイヤモンドプリンセス号はウィルス培養器だった?

本日、ダイヤモンドプリンセス号の乗員乗客の下船が始まるようです。船内の様子について告発された医師の動画がありましたので、それをここに貼り付けます。 www.youtube.com ダイヤモンド・プリンセスはCOVID-19製造機。なぜ船に入って一日で追い出されたの…

ニッポン人だけが豆まきを祝う

今日は節分ですね。私は日本人(にほん人)なので、豆まきなんかしません。外国人であるニッポン人はどうぞ、豆まきに興じてください。なんで、豆まきを避けるのかは以前記事にしているので、そちらをご覧いただければと思います。 参考: (1)節分の豆撒きは神…

アナログハックされた社会

※この記事は、1月24日付の(新)ブログ掲載「Princess Princess」の補足内容を含みます。本題に入る前に下の図を見てください。あなたは今、ビルの中でお手洗いを探しているとします。廊下の突き当りに次のような案内が出ていたら、あなたはどちらの方向に進む…

117の呪い

本日は1月17日。25年前に阪神淡路大震災が発生した年です。あれからもう四半世紀もの時間が経過したのかと思うと、不思議な感覚に襲われます。それは、忘れてしまうにはあまりにも衝撃的な出来事だったからなのでしょうか、今でもつい最近起きたことの様に当…

にっぽん人は日本人に非ず

最近、テレビ報道番組を観ていて気になる、というか非常に耳障りに感じることがあります。それは「日本」と表記されるもの全てを「にっぽん」と発声していることです。このブログでは「にっぽんは呪詛読み」であると何度か書いているのですが、メディアに流…

お騒がせな油田発見

景気の良い話から、一転しょぼくれたお話に。この報道の真相は何だったのでしょうか? イランで大規模な油田発見、原油埋蔵量が30%超増加か2019年11月10日 20:20 【11月10日 AFP】イランのハッサン・ロウハニ(Hassan Rouhani)大統領は10日、同国南西部フ…

九州北部大雨から覗き見えた佐賀の謎

先週、九州北部で大雨による洪水があり、佐賀県大町町では工業用油の流出もあってたいへんなことになっていたようです。かつて、佐賀県にある陸上自衛隊目達原(めたばる)駐屯地の隊員と鬼ごっこをしたりなど、私もたいへん馴染みのある土地なので気になりま…

五輪塔は地獄への道しるべ

少し前に「今日も鳥居で神封じ」という記事を書き、一般的にありがたいと思われている神社の鳥居が、実は神を封殺するための仕組みであることを述べました。同じようなことは仏教でも行われており、今回はそれをご紹介したいと思います。なお、神とか宗教と…

たまこの呪い2-八百比は手塚治虫か

この記事は、「たまこの呪い - 京都皇統代の野望」の続編となります。前回のたまこの呪いで、気になるキャラクターとして紹介した、八百比 邦夫(やおび くにお)について、もう少し深く見てみます。そのキャラクター設定は ・うさぎ山商店街の喫茶店「星とピ…

たまこの呪い - 京都皇統代の野望

衝撃的な京都アニメーション放火事件から今日で2週間が経過しました。死者は35名、そして未だに10人の入院されている方がおられるようです。全ての犠牲者とご家族に対し哀悼の意を捧げると共に、一命を取りとめた皆様の一日も早いご回復をお祈り申し上げます…

涼宮ハルヒの呪い2 - 隠された明日香京

この記事は、前回「涼宮ハルヒの呪い - 京都は千年の古都ではない」の続編となります。今回は前回のプレゼン図を少しだけ詳しく説明しましょう。 前回のプレゼン図 ■春日(ハルヒ=かすが)は呪詛名 スピリチャル9条の会さんの記事『「かすが」は「あすか」の…

涼宮ハルヒの呪い - 京都は千年の古都ではない

この記事は、前回「京アニ出火に至る深層」の続編となります。今回はまず、一枚のプレゼンテーションスライドを掲載します。関心がある方は、これについてまずご自身で検証してみてください。 今、一言だけお伝えしたいのは、 全てのメディアが大衆心理の操…

京アニ出火に至る深層

本日、京都で悲しい事件があったようです。被害に遭われた方々にはお悔やみ申し上げます。 京アニ放火か、死亡1人心肺停止12人 現場には刃物も2019年7月18日15時09分 18日午前10時35分ごろ、京都市伏見区桃山町因幡のアニメ制作会社「京都アニメー…

川崎殺傷事件の考察

先月末、トランプ米国大統領が日本を離れようという5月28日、その悲しい事件が神奈川県川崎市で起きました。小学生児童を含む二人がお亡くなりになられ、重傷を負われた方も複数、そして犯人そのものが自害するという痛ましいものでした。亡くなられたお二人…

やっぱり沼津は陰謀のテーマパーク

今回もまた沼津の話題を失礼します。もしかしたら、読者さんもいい加減飽き飽きしてきたかもしれませんが、当方の予想を超えて次々とネタが出て来るので、記録を残すという意味でも本記事にお付き合い頂きたいと思います。アニメ「ラブライブサンシャイン」…

ラブライブ、忘れちゃいけない田子の浦

前回の記事では、沼津市の三津(みと)について書かせて頂きました。その中でアニメ「ライブライブサンシャイン」のメインキャラに触れましたので、その続編として、本記事を提供いたします。今回お知らせする場所は、沼津市のお隣、同じく駿河湾を囲む静岡県…

ラブライブより面白い沼津の魅力

静岡県沼津市にお住まいの方から、ここ最近、頻繁に軍用機が上空を行き来するとの報告が入っています。特に一昨日の20日は激しかったようです。同じ報告は横浜・横須賀方面からもありました。国民の与り知らぬ所で、時代錯誤の軍関係者は何をやってるのでし…

クライストチャーチテロ事件と日本

ニュージーランドでたいへんなことが起きたようです。 NZ銃乱射、死者49人に 男女4人を拘束 南西ア・オセアニア 社会2019/3/15 11:42 (2019/3/15 17:34更新) 【シドニー=松本史】ニュージーランド(NZ)南島のクライストチャーチで15日、2つのモスク(イスラ…

NHKドラマ「まんぷく」の暗号

※3月14日に追記が2点あります。現在放映中のNHK連続テレビ小説「まんぷく」。このドラマが、インスタントラーメンを初めて世に出した日清食品(現日清食品ホールディングス)創業者の安藤百福(あんどうももふく)氏とその妻である仁子(まさこ)氏をモデルにして…

平成最後の雪の行軍

昨晩、フジテレビで懐かしの映画「八甲田山」を放映したようですが、どうやら、それが決起演習のサインだったようですね。雪の中、関東進攻の準備とは、恐れ入ります。風邪を引く前に駐屯地へお戻りになるのが賢明でしょう。だいたい、決起を支持するだけの…

平成31年の節分

明日2月3日は節分です。今回の記事は既出事項ですので、こちらのブログに長い読者さんは読み飛ばしていただいて構いません。初めての方は、もう一度、節分の祝い事の意味を考えていただければ幸いです。■今年の節入りは2月4日の午後12時14分旧暦の暦の考え方…

呪詛知らずのコンビニお買物方法

このブログの「天皇家への呪いは解かれた」にて、有名コンビニエンスストアでの呪詛解除方法を紹介しました。コンビニエンスチェーンはいくつもあるので、今回は、日本の代表的なコンビニ3社の呪詛解除方法について説明いたします。何度も申し上げてますが、…

岡田有希子さん関連記事について

スピリチャル9条の会のブースカさんが、岡田有希子さんに関する、たいへん興味深くも重い記事を書かれました。それは次の2題です。 1) ストップ、ZOO、愛をください 2) 岡田有希子の手紙、一人の女性、佐藤佳代として 重複する内容はここでは書きません…

天皇家への呪いは解かれた

この記事は、先日12月23日の天皇誕生日に書いた記事「新嘗祭イヴの呪い」の続編となります。読み進める前に、もう一度数字の「123」の意味を再確認しておいてください。まず、前回保留となった次の記事を再掲し、補足を加えます。 広島小1女児殺害事件 広島…

陰陽道的絵画鑑賞法ーフェルメール展

現在、上野の森美術館で「フェルメール展」が行われています。フェルメールの絵画の他、同時期の名だたる画家の絵が展示されています。先日、友人に誘われて、久しぶりに西洋名画の鑑賞に行ってきました。絵画は人の念が籠もるので、実物を鑑賞するのはあま…

新嘗祭イヴの呪い

本日12月23日は平成最後の新嘗祭からちょうど一ヵ月後の、やはり平成最後の天皇誕生日。新しい年号に切り替わる時が刻々と迫りつつあるのを改めて感じる日です。関係各所がバタバタと忙しいだろうこの折、来年の新天皇即位後に行われる大嘗祭に関し、秋篠宮…