(真)日本の黒い霧

123便事件は世界の闇を照らす

森を巡る100日

只今5月の連休中ですが、今月末には次の映画が公開されるようです。

f:id:adoi:20210505203408p:plain

引用元:映画.com https://eiga.com/news/20210217/1/

この元ネタについては過去記事「皇居を狙え-呪術から見た地下鉄サリン事件」で一度簡単に分析をしています。

今度もまた何か盛り込んでくるのかと思い、この報道を改めて眺めてみたところ、次の部分が気になりました。

f:id:adoi:20210505203628p:plain
画像:気になる部分

そう言えば、上報道が出されるちょうど1週間前に、この方が、不用意な発言が原因で重職を辞任するという話題が世間を騒がせました。つまり、役割として「死んだ」も同然という訳です。

f:id:adoi:20210505203700p:plain
画像:お気の毒でした。口静かにお願いします。

両者を無理に関連付けてもいけませんが、何せ、元ネタのワニ君の制作意図には何か隠された狙いがあるようなので、ついついその関連を疑ってしまいます。

「100日後に死ぬ」も、「100日生きる」も言ってることは同じです。この不吉なタイトルにどのような意味が込められているのか、再度分析してみる必要がありそうですね。

ワニは和邇、また「〇(輪)ニ」から「オニ(鬼)」とも読めます。そう言えば、鬼を題材とし、金任せの強引なプロモーションで大ヒットした(ことになってる)アニメ映画もありましたね。「死ぬワニ(鬼)」も「鬼滅」も言わんとするところは同じです。

何やら大衆心理を誘導しようとする新たな企みが動き始めているようです。

f:id:adoi:20210505203733p:plain
画像:遠州一宮 小国神社(静岡県森町)



神代一の年に記す
管理人 火月土

予告:「シン・エヴァンゲリオンの呪い」解説

3月13日の記事「シン・エヴァンゲリオンの呪い」で、同アニメ映画の解説を試みましたが、公開直後ということで、詳細に触れる部分は手控えていました。

映画公開からそろそろ2か月が経過するということもあり、プレゼンテーション動画による解説を、(神)ブログメルマガの購読者に向けて5月1日に先行公開することにしました。

同動画の一般公開は6月以降を予定しています。

 

f:id:adoi:20210428133735j:plain

画像:解説動画から

ヱヴァンゲリヲンは当初から難解な作品として知られていますが、今回の新劇場版についても、多くの熱狂的なエヴァファンから作品解説動画が出されています。

それらを揶揄するつもりはありませんが、正直なところ、この作品の背後に込められた「呪詛」の部分を理解しないと、その真意を完全に理解することはできません。尤も、その真意を悟られないようにエンターテインメント作品化するのが、製作スタッフの腕の見せ所だとも言えるのですが。

この作品を理解する重要なヒントは、冒頭でマリ(登場人物)が歌う「真実一路のマーチ」に尽きるでしょう。この時代錯誤、「いびつな選曲」とも評されるこの曲が、どうして冒頭に置かれたのか?これは単に制作者の「センス」などではなく、呪術的論理の裏付けがあるのです。

それを踏まえた上で、作品に出てくる「数字」に注目すると、表面的なストーリーの背後に隠された、真のメッセージが見えてくるような構成になっています。

なお、これらの数字を理解するにも、宗教全般における基本概念や歴史の知識ベースが必要となってきます。私の動画では、それらがなるべく簡単で分かり易くなるよう努めたいと思います。

個人的な感想ですが、この作品は庵野監督一人の発想で生まれた創作であるとはとても思えません。おそらく、プロの歴史家、宗教家、呪術家など複数人の専門スタッフによる共同制作であろうと予想します。

どうしてそれを伏せているかと言えば、映画鑑賞者の心理下に忍び込ませたい、彼らにとって都合の良いメッセージがあるとしか言いようがないのです。「この世は人の心が作り出している」、彼らはその事を非常によく知っていますから。



神代一の年に記す
管理人 日月土

厚生省は知っている

例の感染症ですが、明日からまた興覚めなお祭りが始まります。知っている人にとってはもはや常識なのですが、次のグラフが分かり易いと思うのでここに貼っておきます。これを見てもなお「外出が怖い」と思われる方は、たぶん何かの感染症だと思いますので、心療科の受診を強くお勧めします。

 

f:id:adoi:20210424152230p:plain

引用元:小浜逸郎・ことばの闘い「コロナワクチンなんて要らない」
 https://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo/e/79aa076bd4774139452e5348f1b7e14e


なお、ここにあるのは「PCR陽性者」であり

 感染者ではありません。

テレビのアナウンサーがこのデータ読むと「感染者」になるし、新聞に書かれると「感染者」になるのだから、訳が分かりません。皆さん、目は大丈夫なのでしょうか、あまりに錯誤が酷いので心配になります。

また、陽性者が重症化してもそれが感染によるものかどうかは判断できません。だって「陽性者」は陽性者であり、感染者ではありませんから。ですからこの数字、どうやって数えたものなのか分かりません。どう取れば例の感染症が重症化したと言い切れるのでしょうか?普通に「肺炎」とか「味覚障害」にカテゴライズすればいいんじゃないのですか?

そもそもPCR検査自体が根拠の薄いものであることは、「気合いだ、666だ、関西だ!」で既に説明した通りです。

以上を「陰謀論だ!」と言われる方、私ではなく、どうか厚生労働省の担当官に向けて文句を言ってください。だって彼らが出しているデータなのですから。

そして、非科学的なパンデミック報道や根拠のない法令で被害を受けている、小売店や飲食店、交通サービスなどの業種の皆様、このような

 風評被害

による損害について、そろそろ風評元である厚生労働省やマスコミ各社に向けて損害賠償請求を起こしてよいのではありませんか?その時は一庶民として皆さんを応援したいと思っています。


 * * *


本当に気に掛けるべきことは、政府やマスコミがどうしてこうも無理を押してまで、パンデミックを演出するかなのです。これは、

 どうしてそこまでしてワクチソを打たせたいのか?

と言い換えることができるでしょう。

これについても何度か記事で触れてきましたが、改めてその理由についてお知らせする必要があるようです。



神代一の年に記す
管理人 日月土

埼玉666

報道内容に「666」や「33」などのカバラ完成数、「128」や「117」などの神数をさりげなく散りばめる、数秘術を駆使したメディアによる国民洗脳技法については、関連記事にてこれまで何度か指摘しています。

分かる人には「今さら」な話題ではありますが、練習問題として次の最新報道をご用意しました。

その使用意図まで分析できれば面白いのですが、まずはどこに数秘が使われているのかを見つけ出してください。まあ、読んでいて普通におかしいのは誰でも気付くとは思いますが・・・

f:id:adoi:20210423095810p:plain
引用元:YAHOO JAPAN ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/c428aae3fc0ada909734f8fc25d6bc320285427d

カバラ数の導き方

カバラ数は10進法の数字を9進数でカウントした時の一桁目の数字を指します。例えば、256(10進)は314(9進)となりますので、カバラ数は4となります。

実際に面倒な計算は必要なく、各桁の数字を一桁になるまで足し算していけば導けます。

 例) 256 → 2+5+6 → 13 → 1+3 → 4

但し、11や22、33など11の倍数が計算過程で現れた場合は、そこで計算を止めます。これらはカバラマジックナンバー(魔数)となります。

 例) 731 → 7+3+1 → 11

メディアを私物化するカルト集団はこういう数字が大好きですので、これぞと決めた報道記事には必ずこのような数字を埋め込んできます。また、感染者数や株価などの数字にも入れ込んできたりします。

緊急事態宣言で再び外出がしずらい状況になったら、一般報道を眺めて「また、遊んでるなぁ」と笑ってあげるのも、楽しい時間の過ごし方になるかもしれません。

もう、上記報道の答は分かりましたね(笑)

それにしても、最近はこの手の数秘が大盤振る舞いで出されており、もはや「秘術」とは呼べなくなっているのが何とも皮肉ではあります。



神代一の年に記す
管理人 日月土

大阪128

例の感染症騒動の話題はもうウンザリかもしれませんが、昨日の都道府県別感染者数(本当はPCR陽性者数)に気になる数字を出してきました。

もはや解説する気にもなりませんが、新たな動きとして記録に留めておきたいと思います。

f:id:adoi:20210416124033p:plain


何だかよくわからない方は次の過去記事を読んでください。理解に必要なことは一通り書いています。

 ・富士(22)はどこかで見かけてる 
 ・気合いだ、666だ、関西だ! 

なんだか〇カみたいですけど、こういう数字を繰り返し表示し、心理的トリガーとして国民の潜在意識に埋め込むことも、メディアの大事な仕事なのです。私たちには迷惑な話ですが。

他に通信文としての機能もあり得ますが、どのみち禄でもないことしか考えていないのは間違いありません。

国権力の中枢にいらっしゃるカルト信者たちはまじめに呪術を駆使しているつもりかもしれませんが、いい加減お笑いの世界に転じることをお勧めします。


 

神代一の年に記す
管理人 日月土

福島は忘れない

福島の原発ボフンから10年、結局、こうなるだろうと予想はしてましたが、とりあえず報道の確認です。

 

福島第一原発 トリチウムなど含む水薄めて海洋放出決定へ 政府
2021年4月13日 4時33分

東京電力福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムなど放射性物質を含む水の処分方法について、政府は13日、関係閣僚会議を開き、国の基準を下回る濃度に薄めて海へ放出する方針を決めることにしています。

放出前後のトリチウムの濃度を調べるモニタリングの強化や風評被害の対策を徹底し、それでも生じる被害には東京電力が賠償を行うとしています。

f:id:adoi:20210413110305p:plain
トリチウムなど放射性物質を含む水の処分方法をめぐっては、国の小委員会が、基準以下の濃度に薄めて海か大気中に放出する方法が現実的で海のほうがより確実に実施可能とする報告書をまとめていて、政府は、地元の意見を聞くなどして慎重に検討を進めてきました。

その結果、政府は13日関係閣僚会議を開き、海へ放出する方針を決めることにしています。

具体的には2年後をめどに福島第一原発の敷地から放出する準備を進め、放出にあたっては、トリチウムの濃度を国の基準の40分の1、WHO=世界保健機関が示す飲料水の基準では7分の1程度に薄めるとしています。
(以下略)

引用元:NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210413/k10012971021000.html

 薄めりゃいい、なんて言い訳にもならないことは賢明な読者さんもお分かりですよね?

f:id:adoi:20210413110354p:plain
解説図:環境に投棄される絶対量は薄めたところで変わらない

健康のため、みそ汁の塩分をいつもの半分に抑えたのは良いけれど、飲みやすいもんだからおかわりするようになった・・・・結局、採っている塩分量はいつもと同じ、という何とも間の抜けたお話です。こんな冗談みたいな施策をまじめに語る政治家や学者がいるのですから、日本恐るべしです。

「地元(福島)への風評被害」とか書かれてますが、メディアの中でしか流行していない例の感染症こそ「風評」と呼ぶのであり、こちらの場合は実存する放射性物質を環境放出するのですから、風評でも何でもなく、これは明確に

 実害

なのです。海洋へ向けての投棄ですから、その影響も福島県だけに留まりません。日本の沿岸地域はどこも被害者になりますし、同じく海洋に接する外国も同じです。

もはやこの国は、大陸の赤い経済大国に対して環境面では何も文句が言えないのです。10年前の大惨事が突きつけた厳しい現実は、これからもずっと重石の様にこの国に留まり続けるのだと思います。

誤魔化し同然の理屈にならない言い訳と言葉の言い換え、そんなことに頭を使ってる場合ではないでしょうに。

f:id:adoi:20210414114459p:plain
写真:先月、福島で行われた聖火リレーのオープニングセレモニー
聖火は何度も消え、ギリシャから空輸してきた種火まで消えたとか・・・燻ってる種火がまだあるだろう、というオリンポスの神々からのメッセージじゃないんですか?



神代一の年に記す
管理人 日月土

まん防とシン・エヴァンゲリオン

相変わらずの例の感染症報道ですが、1週間前のこのニュースは覚えておられるでしょうか?

f:id:adoi:20210408121902p:plain
(以下略)※赤枠は筆者によるもの

引用元:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASP416HZSP41UTIL03K.html

ここに現れた数字にも意味があるのですが、今回はそれについては省略します。皆さんに注目していただきたいのは、「まん延防止等重点措置」が最初に適応される地域です。何か気付かれないでしょうか?

 大阪・兵庫 → 阪神淡路大震災

 宮城 → 東日本大震災

そう、どれも、過去に起きた未曽有の大災害で甚大な被害を受けた地域を指しているのです。これだけでも何か意図的なものを感じるのですが、これら2つの災害に関連する次の数字

 阪神淡路大震災 (1995年1月17日発生) → 117

 東日本大震災 (2011年3月11日発生) → 311


が、この3月8日から公開された人気アニメ映画「シン・エヴァンゲリヲン」の描写の中にしっかりと描き込まれていることは、既にお知らせした通りです。

 参考:最新エヴァ関連記事
  ・エヴァ、呪詛アニメの真打登場 
  ・東宝映画は311がお好き? 
  ・シン・エヴァンゲリオンの呪い 

それだけでは飽き足らず、最近の大阪府の感染者数報道に乗じて、やっぱり2つの数字を入れ込んできたのは前回の記事でも指摘しました。

  ・気合いだ、666だ、関西だ! 

とにかく、近年見たこともない凄まじい数秘術系呪詛のラッシュなのですが、この意図を単純に読み解くと

 とにかく日本をぶっ壊したい

となります。「あの大災害よもう一度」あるいは「人類補完計画」(笑)という訳であり、例の感染者騒動もその延長線上にあるということです。また、ことさら立て続けに出していることから、次の大災害計画の実行予定日も近いと考えられます。

どこの誰がどんな意図でこんな愚かなことを繰り返すのか、それについては3つのブログを通して私も少しずつ解析を進めていますが、その片鱗がチラッと現れたのが、(新)ブログ「その日の計画は重体である」で紹介した暗号報道です。

読者の皆さんに知っていただきたいのは、「あらゆるメディアは洗脳の道具だ」ということです。もっとも、こちらの読者さんにとって、そんなことは百も承知かもしれませんが。

そして、もう一つ、言霊と数秘をここまで駆使した呪詛を用いてくるのは、明らかに日本語を母国として使う人種、つまり同じ日本人だということに気付いていただきたいのです。

日本の善良な皆さんは、とかく「善良な日本人をいじめる外国人」という構図で物事を解釈しがちです。そこから、GHQ・イルミ・ロス茶はもちろん、外国籍のグローバリストや王族など海外系結社の名を挙げる人が多いのですが、彼らにこのような呪術は絶対に使えません。

日本を嫌い、日本を呪う本当の首謀者は国内に居る。それは古来から連綿と続く陰陽道密教、これらを修めた人々の上に立つ権威者であり、彼らこそが真の日本の支配者、あるいは世界の支配者なのです。メディアはもちろん日々の天候や大災害まで、彼らによって呪術の論理に基づき計画的に運用されてきたのがこの日本と言う国家であり、世界なのです。

f:id:adoi:20210408171124p:plain

 


神代一の年に記す
管理人 日月土