(真)日本の黒い霧

123便事件は世界の闇を照らす

空に現れた異変

今朝、複数の友人から次のような自然現象に関する報道があると連絡を受けました。

関東上空で大きな火球 破裂音?「聞こえた」投稿相次ぐ
東山正宜 2020年7月2日 4時33分

f:id:adoi:20200702114139j:plain
東上空で見られた火球=2020年7月2日午前2時32分ごろ、KAGAYAさん撮影の動画から

 2日午前2時32分ごろ、関東上空に極めて大きな流れ星(火球)が流れた。数分後には爆発音も聞こえたといい、火球が破裂した際の音が地上まで届いた可能性がある。火球の音が聞こえた例は極めて珍しい。

 星空アーティストのKAGAYAさんによると、流れ星は西から東の空へ飛び、数分後に室内でも聞こえる大きな音が聞こえたという。KAGAYAさんは「恐らく関係のある音だと思うのですが、それ(火球のもの)らしき轟音(ごうおん)を初めて聞きました」と語った。SNSでも「遠雷のような音が聞こえた」といった声が相次いで投稿された。

 朝日新聞社が東京大木曽観測所(長野県)に設置している星空カメラにもこの時刻、雲を青緑に照らす雷のような光が写っていた。

 流れ星は、宇宙を漂うちりが地球の大気とぶつかって光る現象。大きなものが地上まで落ちてくると隕石(いんせき)と呼ばれる。1908年にはロシアでシベリアの森林を数十キロメートル四方にわたってなぎ倒した例があるほか、2013年にもロシアのチェリャビンスク州上空で隕石が爆発し、衝撃波で建物のガラスが割れたり、けがをしたりする人が出るなどの被害が出た。(東山正宜)

引用元:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASN721FGWN71ULBJ01M.html

私に連絡が入ったのも、6月30日の(神)ブログ記事「富士山は突然現れた?」に続き、昨晩7月1日に、(神)ブログメルマガで同記事に関連して「火の雨」に関する解説記事を出したばかりだからです。

以下は同メルマガ記事からの抜粋です

以上を読むと、なんと、国中に火の雨が降ったという天の大異変について書かれています。孝霊天皇は、空を見上げてこの年に火の雨が降るのを予見し、諸国に使いを出して、穴を掘って人が避難できるようにと指示を出すのです。果たして火の雨は河内を除き降り注ぎ、穴に隠れた人民は難を逃れることができたというお話です。

(令和2年7月1日22:40分配信 (神)ブログメルマガ9号より)

まさか、直接関連しているとは思いませんが、メルマガ配信数時間後に起きたこの怪現象、読者の皆様だけでなく私も若干の身震いを覚えずにはいられません。

同メルマガ記事に関しては、早い内に(神)ブログで公開記事化したいと考えています。


ツングースカ大爆発
この報道記事は1908年にロシア国のシベリアで起きたツングースカ大爆発にチラッと触れています。何故100年も前のロシアの事例をここで出してきたのか?

f:id:adoi:20200702114836j:plain
画像:ツングースカ大爆発でなぎ倒された木々


現在私が実施している関係者向けの小講演では、123便事件とツングースカ大爆発の関連性についてポツポツと話を始めたところです。

これまで、出しても一般に受け入れ難いトピックは塩漬けとしており、本件についてもこれまで全面的な公表は控えていました。しかし、今回の空の異変をきっかけに、そろそろそちらの話についても始めるべきだと考えが変わりました。

基本的に全てを公表するスタンスではありますが、物事には順序があります。まずはメルマガで先行してお知らせすることになるでしょう。御巣鷹の尾根周辺に落ちていた多種多様の軍機破片、その原因を論理的に理解するには、「火球」の話題は避けて通れないのです。

f:id:adoi:20200702144738p:plain
追加画像:東京上空に火球が現れたほぼ同時刻、ニューヨークでもこんな現象が
(引用元:https://twitter.com/heatherchilders/status/1278380284149465089?s=21 )



三の年に記す
管理人 日月土

地震でごーごー

最近飛び交う暗号報道も芸が無くなってきており、解読する意欲も湧かなくなってきました。それでも、今回のものは比較的分かり易かったので、皆様にお知らせしたいと思います。


f:id:adoi:20200627115658p:plain
6月22日のニュース(赤下線は筆者が強調)

f:id:adoi:20200627115741p:plain
6月24日のニュース(赤下線は筆者が強調)


この二つの報道の肝は一目瞭然ですね。

 ごーごー → 55

 55 → 5×5 → 25

文脈的に6月25日に起きる何かの予定に関する通信文と解読できます。何が来るのかと思ってましたが。それらしいの一つありました。

f:id:adoi:20200627115849p:plain
6月25日の地震

この地震、そこそこ大きかったのに、なんと緊急地震速報は鳴りませんでした。これまで震度3程度で鳴らしてしまった失敗に懲りたのか、自重したようですね。使えないシステムとだけは言えるようです。いっそ廃止すれば良いのでは?

この後、計画の失敗を伝える暗号報道も流れたのですが、それは読者の皆さんで見つけてみてください。ヒントとなるキーワードは「走行不能(=失敗)」です。

ちなみに何で千葉県の旭市だけが震度5なのか、その意味については記事として近々上げようと思っています。

相変わらずテレビでは、毎日コロナ感染者〇〇人で大騒ぎですが、報道の数字なんてこうやって適当に決められているのだと知って頂ければ幸いです。



三の年に記す
管理人 日月土

光らない未確認飛行物体

本日、東北の空に不思議な物体が現れたようです。

何時間も浮遊する「謎の白い物体」
その正体は…現時点で不明 宮城

f:id:adoi:20200617231736j:plain
2020/06/17 15:13 ウェザーニュース

今日17日(水)の明け方から、宮城県福島県の周辺では「ずっと空に浮かんだままの風船のような白い物体」が目撃されています。

ウェザーニュースにも約50件の目撃報告が寄せられていて、「西風に乗って少しずつ東に移動している」「雲に隠れたようなので、雲よりも高い所にあるようだ」との情報もあります。

また、昨日の夕方には岩手県内でもこれと似た物体が目撃されていて、半日以上も東北地方上空を浮遊している可能性があります。

引用元:ウェザーニュース https://weathernews.jp/s/topics/202006/170065/

f:id:adoi:20200617231853j:plain
画像1:報道写真の拡大

写真だけみると、観測用気球のように見えますが、本日夕方の時点で名乗り出た観測機関はないようです。普通心当たりはあるでしょう。では外国の気球なのか?だったら防衛上の大問題ですよね。それとも名乗り出るとマズイ理由でもあるのでしょうか?

それはともかく、この真円に近い球形と下方に見える足のようなもの、どこかで見た覚えが…

f:id:adoi:20191121000137j:plain
画像2:残念!喜劇ブルービーム計画より

今回のは光ってないようですが。だいたい、駆動機関らしきものは何も見えないのに何時間も滞空する気球なんて変ですよね。やはりまたあの計画の失敗なのでしょうか?

追記

民間航空機の飛行航路、飛行空域は私たちが思っている以上に厳格で、これを犯すと各国空軍の攻撃対象となりかねません。つまり、空は許可なく自由に飛べるものではないのです。

どうしてそんなに厳しいのか?これはあくまでも私の妄想なのですが、記事にしたような物体が、本当は世界中の空にプカプカと浮いており、普段は光学迷彩により見えないだけなのではないか?つまり、今回、および昨年11月に鹿児島で目撃された球体は、何かの不具合により迷彩が解け、たまたま目撃された例なのではないかとも考えらえます。

それなら、防衛省も動かず、国交省もまるで他人事のように対応したのも分かります。空中のインフラですからね。
f:id:adoi:20200618102535j:plain

ではこの謎の物体、いったい空に浮いて何をやっているのか?私はこれ(↓)なんじゃないかなと、妄想とは言いつつもけっこう真面目に考えています。

f:id:adoi:20200618102622j:plain
これは家庭用

また、コロナ祭を理由に世界的に航空便数を激減させたのも、あるいは本件と関係あるかもしれません。妄想ですよ、念のため。



三の年に記す
管理人 日月土

地上絵に刻まれた芸能人

この記事は「二人の芸能人が消えたそのワケ」の続編です。

日本のある場所には、鉄道路線を用いて巨大な地上絵が描かれています。近代都市設計を用いて描かれた地上絵としては、米国の首都ワシントンDCにしてホワイトハウス周辺に描かれたフクロウの絵が有名です。

f:id:adoi:20200608113926p:plain
画像1:ホワイトハウスのフクロウ

要するに同じような地上絵が、日本の地にもあるという話です。そして、その地上絵は地名を通して有名芸能人と結び付けられているのです。これは、その芸能人のことをあなたが思い描いたと同時に、潜在意識下おいてその思いがこの地上絵とリンクし、そこに込められた呪詛に力を与えるよう高度に設計されたものなのです。

以下(画像2)にその地上絵をトポロジカルに単純化したものを掲載します。それがどこを表しているか、また、どの芸能人と結び付けらえているか、久伊豆(クイズ)として掲載しますので、その場所を見つけてみてください。

f:id:adoi:20200609144300j:plain

画像2:日本の地に描かれた地上絵

この地上絵の肝は、何といってもそこに現れた3つの「六」です。すなわち

 666

なのです。そして「六」とは「蔵六」、亀甲紋を意味していることにご注意ください。亀甲紋は古代日本民族の中でも出雲系を表す紋章として使われることが多いことも併せてお伝えしておきます。

私には、この絵全体が枝から飛び立った瞬間のフクロウを描いたように見えますが、皆さんは如何でしょうか?

以下に現地で撮影した写真をヒントとして掲載します。

f:id:adoi:20200608114110j:plain
ヒント1:ホノアカリ

f:id:adoi:20200608114132j:plain
ヒント2:スクナヒコナ

f:id:adoi:20200608114200j:plain
ヒント3:おっぱい?

そして、特別ヒントを追加します。これはネットから拾った写真です。

f:id:adoi:20200608143109j:plain
ヒント特:ふくろ・う


ブログ記事「皇居を狙え-呪術から見た地下鉄サリン事件」でも書いたことを考え合わせると、この国は呪詛によって設計されて、呪詛によって事が起こされるのです。政治も科学も文化芸能も呪詛でがっちりと固められた国、それが日本なのです。

呪詛の呪縛から逃れる方法とは、あなた自身が「それは呪詛である」としっかり認識することなのです。本日令和二年六月八日、一羽の巨大なフクロウが静かにその役目を終えました。



三の年に記す
管理人 日月土

空飛ぶ桜島-新しい世界

タイトルだけ見られて「何だそれは!」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。実はこれ、鹿児島のテレビ局、南日本放送で流れたニュースタイトルを少しいじったものです。

鹿児島市で珍しい光景 “雲”に浮かぶ桜島
[06/05 20:15]

f:id:adoi:20200606085445j:plain


鹿児島市では5日朝、珍しい光景が見られました。

こちらは5日午前9時半ごろ、鹿児島市街地側から見た桜島の映像です。山の中腹までが白い雲のようなもので覆われ、山頂部しか見えない状態となっていました。

そしてMBCスクープ投稿に届いたこちらの映像は、吉野公園展望台で撮影されたもので、まるで雲の海に桜島が浮かんでいるように見えます。

ところが同じ時間帯に垂水市側から撮影した映像では、山のふもとには雲のようなものは見られません。なぜ、鹿児島市側からはこのような光景がみられたのでしょうか?そして白い雲のようなものの正体は?

 (中略)

陸上と海上の2つの霧が合わさったことで見られた光景。湿度や風など様々な条件が重なって生まれた珍しい現象だったようです。

引用元 MBC https://www.mbc.co.jp/news/mbc_news.php?ibocd=2020060500042493&ap=

前にも「九州新幹線爆破テロの失敗か?」で書きましたが、桜島内部には核関連施設が秘密裏に作られています。ですから、私はてっきり、この施設がサイクロトロンのような電磁場を発生させる装置を稼働させたからではないかと疑ったのです。

というのも、雲や霧というのは水蒸気の集まりであり、空中を帯電させるとそこに水蒸気が電気的に引きつけられるからです。水分子の電気極性を利用したこの方法は、雨雲や台風を人工的に作る技術として実際に使われており、世界の人民が普段からお世話になっているものなのでもあります。

ところが、この報道動画をよく見ると次のような気になる雲の形状が見られることに気付きました。

f:id:adoi:20200606085616j:plain
画像:桜島上空の雲(赤枠で強調)

そう、島の上空にまるで桜島をそっくりひっくり返したような、逆さ富士ならぬ逆さ桜島状の雲ができていることです。そして、何故だかこれについては報道で一切取り上げていないのです。

これを見て私は、装置は装置でも〇〇が動いたことに気付いたのです。肝心な部分を伏字にしたのは、これを書いても理解できる読者さんは殆どいないだろうし、下手なことを書いて誤解されてもいけないと思ったからです。

伏字の部分については、これから読者さんがご自身の目で確かめ、いつかそれが何かをはっきりと知ることになるでしょう。と、いうのも、今回桜島で起きた現象は、これから日本の各地、世界の各地で頻繁に目撃されるようになると予想されるからです。

第4計画(コロナ計画)が大失敗に終わり、緊急事態宣言が解除されるに至っても、現実には飛行機の運行は大幅減のままだし、県外への移動を控える呼びかけは依然継続されたままです。

日本においては、コロナが従来のインフルエンザよりも致死性が低いとはっきりと数字が出ているにも拘わらず、そんなことはお構いなしに「コロナ怖い、コロナ怖い」の恐怖ニュースが連日メディアを通して私たちの元へ届けられます。

もはや見ていて恥ずかしいレベルに達してもメディアがコロナ煽りを止めず、それを理由に自粛という名の理不尽な規制が続いている現状、実はこれ

 桜島で起きた現象と関係がある

のです。そして、一昨日の(新)ブログ記事「The Longest Flight of a Hornet」も大いにこれと関係しているのです。35年前の123便事件もこれと無縁ではないということです。

上手く表現することがたいへん難しいのですが、敢えて語るなら、これまでの人類史で隠され続けきた秘密が、いよいよ隠せなくなってきた。人々が頻繁に外出・移動することでその秘密が露見することをなんとしても避けたい。そんな人類管理機構の思惑がストレートに現れたのがコロナ祭の本当の意図だったと推測されるのです。

本当なら、コロナは目くらましとしてもっと大きな世界的パニックを引き起こすはずだったのに、ほとんど鳴かず飛ばず。それならばと言うことで、香港やアメリカでの民衆による(やらせ)抗議運動、米中対立など、新たな煽りが次々と企画されていますが、現在の人々はそこまで愚かではないので、これらもどこかで頓挫することでしょう。

むしろ、私たちはこれから何を見ても動じない心の余裕を持たないといけません。今回の桜島の雲は、新しい世界観への入り口となる現象、であるとここでは結論付けたいと思います。

f:id:adoi:20200606085843j:plain
©スタジオジブリ



三の年に記す
管理人 日月土

二人の芸能人が消えたそのワケ

1980、1990年代ならともかく、最近の芸能事情に全く疎い私の元へ、知人から立て続けに起きた次の2つの芸能関係ニュースには何か符丁が入っているのではないかと連絡がありました。

NEWS手越祐也本人が語った「ステイホーム期間」のあの夜、何が起きたか
週刊文春 2020年6月11日号 (6/3Web掲載)

 5月26日、ジャニーズ事務所は、NEWSの手越祐也に対し、無期限の活動自粛という異例の処分を発表した。その4日後、手越本人が「週刊文春」の直撃に応じた。

f:id:adoi:20200604083427p:plain
©JMPA

 事の発端は、「週刊文春」5月13日発売号が報じた「NEWS手越がステイホーム中に呼び出した女性の正体」だ。緊急事態宣言の最中である4月下旬に手越が、元キャバクラ勤務の20代女性を酒席に呼び出したことを報じている。

「元キャバ嬢とのLINEのやりとりも掲載され、揺るがぬ証拠となった。ジャニーズのタレントが一丸となって『ステイホーム』を呼び掛けていたこともあり、ジャニーズ幹部の逆鱗に触れたのです」(ワイドショーデスク)

 さらに5月23日、深夜から朝方にかけて六本木のラウンジやバーをはしごする一部始終を「文春オンライン」が報じると、ジャニーズ事務所の怒りは頂点に達した。

「〈手越祐也(NEWS)に関するご報告〉と題した長文で〈世の中の状況や自身の置かれている立場に対する自覚と責任に著しく欠けておりました〉と謝罪し、彼には無期限の活動休止という処分をつきつけたのです」(同前)

 無期限の活動自粛処分が下ったことで、スポーツ紙を中心に「退所報道」が湧き起こっている。5月30日、渦中の手越を六本木で直撃した。
(以下略)

引用元:文春オンライン https://bunshun.jp/articles/-/38191

 

さらば渡辺麻友!「まゆゆ」は本当に偉大だった
昭和のアイドルや映画女優のような稀な逸材
2020/06/02 17:40

f:id:adoi:20200604083526p:plain
2014年の第6回AKB48選抜総選挙開票イベントで、まゆゆコールにトロフィーを手に喜ぶ渡辺麻友(写真:日刊スポーツ新聞社

AKB48で、卒業後、女優として活躍していた“まゆゆ”こと渡辺麻友(26歳)があまりにもあまりにも突然、芸能界を引退することを発表した。引退の理由は、所属事務所・プロダクション尾木によると「健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい」ということである。健康上の理由とはなんだか心配になるが、渡辺麻友の健康とご多幸を祈りたい。

それにしても惜しい。渡辺麻友は昨今、稀な逸材だった。昭和のアイドルや映画女優などに近いといえるだろうか。昨今のアイドルや俳優はSNSの発展に伴って、「本人の素かな?」と思わせる部分も含めて人気を獲得していることが多いが、渡辺麻友にはいっさい素の部分が見えてこなかった。
(以下略)

引用元:東洋経済ONLINE https://toyokeizai.net/articles/-/354182

ほとんど興味がなく、AKBメンバーの名前と顔も分からない私でも、どうしてか「まゆゆ(渡辺麻友)」さんだけは記憶に残ってます。ずいぶん前にテレビのCMか何かで見かけて、ネットで名前を調べたことがあるからです。そうしたのは、その時に何か魅かれるものを感じたからでしょうね。

そんなこともあったので、この2つの記事を比較分析したところ、確かにメッセージらしきものが抽出されました。

まだ不確定要素が多いので結論は示しませんが、これらの記事は次の2人の大物芸能人に関係があるようなのです。

f:id:adoi:20200604083304p:plain
画像1:(左)綾瀬はるか(右)氷川きよし

視てはいないのですが、この2人は昨年のNHK紅白歌合戦で顔合わせしています(綾瀬は司会)。また、数年前にも同じように紅白で顔を合わせていたと思います。綾瀬さんの場合、20代前半の駆け出しの女優さんが何で?大丈夫か?と視もしない紅白のことで気になったのを覚えてますので。

この二人、実はデビューが同じ2000年です。しかも、どちらも急速に顔が売れ出し、今となっては大物女優かたや大物演歌歌手と、芸能界において確かな基盤を築いたところまで共通しているのです。

こうなると、この二人がプロパガンダ要員として芸能界において計画的にプロデュースされたことは明らかです。問題はその狙いなのですが、その狙いとテーマを同じくするものが、今回の手越&まゆゆ報道であると導くことができました。

私の分析の核になったのが次の芸名分析です。読者の皆さんにはその意図がお分かりになるでしょうか?埼玉県在住の方なら気付きやすいと思います。

f:id:adoi:20200604083157p:plain
画像2:私はまずこう読んだ

この先びっくりするようなことが起こるかもしれません。これについては調査を継続したいと思います。

※追記
本記事掲載直後、別の知人から、次の報道も関係あるのではないかと指摘を受けました。はい、確かに関連が認められます。コロナ祭一色の報道から突如こういう、一見深刻さが感じられないニュースが続けて報じられたことに注意です。

「川」の字もそうですが、ここでのキーワードは「荒(アラ)」と「鹿(シカ)」になるでしょう。また、「足立」とは、東国遠征中の日本武尊(ヤマトタケル)が負傷した足を治した故事に由来するとの説もあります。

東京 荒川の河川敷でシカ捕獲 数日前から目撃のシカか
2020年6月3日 14時08分

3日昼前、東京 足立区の荒川の河川敷で数日前から目撃されていたシカが警察官や区の職員らによって捕獲されました。今後、区内にある施設で一時保護されることになります。

f:id:adoi:20200604111622p:plain

3日午前11時40分ごろ、東京 足立区千住曙町にある荒川の河川敷で、シカが警察官や区の職員によって捕獲されました。

ネットを使ってシカを取り囲んで捕獲したということで、警視庁によりますと、けがをした人はいなかったということです。
(以下略)

引用元:NHK https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200603/k10012456331000.html



三の年に記す
管理人 日月土

衝撃の宇宙ネズミ

やられました!まさか動物を使ってくるとは!!(゚Д゚;)


これは驚きました。米国スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ社、宇宙喜劇界に彗星の如く現れた恐るべき爆笑集団のようです。これはもう、日本の宇宙喜劇団JAXAさんもまごまごしてられませんよ!!

f:id:adoi:20200601144218p:plain
画像1:噴射口の前に何かいるぞ!

f:id:adoi:20200601144330p:plain
画像2:あっ、逃げちゃった!!( ´∀` )

引用元:https://twitter.com/gaiaforcetv/status/1267098368188112899?s=12


そもそも、宇宙空間は 噴射型エンジンで推進できるはずがない(*)ので、これが大道具であることは分かっていたのですが、まさかこんな笑いのツボがあったとは、そっちの方が驚きです。

*宇宙空間で推進できるはずがない

厳密に言えば、運動量の保存則から多少は進むことができます。微小時間1回の噴出で、全重量(燃料満載時)の1%の燃料を時速300kmで放出できる噴出型エンジンなら、全重量の20%分の燃料を消費した段階で時速67.3kmまで加速することができます。仮に全重量の40%という大量の燃料を連続的に消費したなら、そのスピードは時速154.2㎞まで加速できるでしょう。もしも全重量の90%まで消費したなら704.5㎞まで出すことができます。

この推進原理は、燃料など船内のにあるものをなるべく沢山、高速にどんどん投げ捨てればその反対方向に速く進むことができるというものです。ところが、この方式には投げ捨て用の大量の燃料搭載が必要ですし(重量のほとんどが燃料)、行きっ放しの片道切符ならともかく、帰還するというならば減速にもそれなりに大量の燃料を消費しなければなりません。また、噴出速度を極限まで高めたところで、相対速度でマッハ数10に及ぶ惑星や人工衛星に追いつけるのか?という疑問は払しょくできないのです。

つまり、この原理による航行での惑星探査や、宇宙ステーションとのドッキングなどという帰還を前提としたミッションは現実的に不可能としか言いようがないのです。


 【宇宙ファンタジーからの帰還】第1話

 f:id:adoi:20200603115239p:plain  認めようよ‥

 【宇宙ファンタジーからの帰還】第2話
 f:id:adoi:20200603133145p:plain  喜劇団員総出演
  © バンダイJAXA


ガガーリンアポロ計画から始まり、スペースシャトルISSなど色々と楽しい興行が世界の人々に夢(イリュージョン)を与えてくれましたが、それでも

 人類は1度も宇宙に行ったことがない

、だからこそ宇宙喜劇はこんなにも面白いのです。

参考:
 ・そしてJAXAは宇宙喜劇団となる 
 ・コロナ祭の間に宇宙航行を考えてみた 
 ・あっぱれ緊急事態宣言下の宇宙ショー 

 f:id:adoi:20200602084428g:plain


三の年に記す
管理人 日月土