(真)日本の黒い霧

123便事件は世界の闇を照らす

上野の二人

昨日、地方に住む知人から連絡があり、昼のNHKさんのテレビニュースで、「ただ今入ったニュースです」と緊急扱いで報じたのが以下の事故ということです。

f:id:adoi:20211023115838p:plain

引用元:NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20211022/1000071763.html

うーん、当事者にとって重大な出来事なのは分かりますが、これを全国ニュースで、しかも速報で流すものでしょうか?

当然、私の知人もこれを不審に思い、暗号報道なのではないかと連絡してきたのです。

確かに、要素は揃っています。

 ・22日 → 22 カバラ秘数
 ・11時 → 11 カバラ秘数
 ・11+22 → 33 カバラ秘数(完成数)

記事の内容が歩行者二人と、タクシー運転手一人の軽度の負傷ということですから、誰かに対して敵意を向けているのは窺えます。

そう言えば、上野ではちょうど1週間前にも次の事件がありました。

f:id:adoi:20211023115943p:plain

(以下略)

引用元:NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20211015/1000071531.html

この二つの事件・事故には、ATMに並んでいた二人と歩道にいた二人と、本来事件・事故に巻き込まれるリスクが少ないはずの二人が、たまたま同じ上野でそれに遭遇した点で共通しています。

もしもこれらが暗号報道ならば、そのメッセージについても共通項があると言えるでしょう。

これらの報道から窺えるその他のキーワードについては次が挙げられます。

 1.上野 (両報道に共通)
 2.二人 (両報道に共通)
 3.松坂屋
 4.トラック

1.については、両報道とも東京都の上野駅周辺を指していますが、穿った見方をするならば上野(こうづけ)の国、もっと言うなら群馬県上野村を指すとも考えられます。上野村と言えば、あの日航123便事件が発生した場所です。

2.は既に上述しているので省略します。

3.については、三重県の松坂市が筆頭に考えられます。他に、最近引退を表明した西部ライオンズ松坂大輔投手も考えられますが、その線は薄いでしょう。

4.については、トラックをTrack(既定路線)と解釈することができます。

この他、日本テレビの報道には次のような写真も写っていました。

f:id:adoi:20211023120052p:plain
画像:上野の事故現場に駆け付けたパトカー
引用元:日テレニュース https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=eX-r2Ppp-T4

たまたま報道番組の取材陣が現場近くに居たというのもかなり変なのですが、それにもましてこのパトカーのナンバーが気になります。

 17-17 → 8-8 → 88

88は八八艦隊などの名称もあるように、基本的に海軍・水軍系を表す数字であり、日本の悪魔崇拝界隈を仕切る有名な秘密結社?である「八咫烏(やたがらす)」を表す数字でもあります。するとメッセージ発信者はその関係者であると考えられます。

以上より、このメッセージを分析すると、上野でトラックが車道を超えて二人に怪我させたのですから、これには凡そ次のメッセージが込められていると解釈できます。

 既定路線を逸脱した二人を処刑する

彼らが発信する脅しのメッセージは毎度のことですが、問題はこれが誰に向けられているかですね。それを繋ぐのが「松坂(あるいは松阪)」なのですが、今分かるのは松阪は古代から続く水軍の拠点だということです。ここから先については私も皆目見当が付きません。読者の皆様もぜひ一緒に考えてみてください。

f:id:adoi:20211023120158p:plain
画像:松阪市の宝塚1号墳(10月17日現地にて撮影)

人を呪わば穴二つ、その意味はメッセージの発信者さんも良く分かっているはずなのですが、何を焦っているのでしょうね?



神代二の年に記す
管理人 日月土

もはや制御不能ですね(2)

本日、東日本でまた変な地震がありました。私の知人は地震の揺れには驚きもしなかったけど、下の図を見てそっちの方が驚いたと言ってました。

f:id:adoi:20211021180925p:plain
画像:震源と揺れた地域(引用元 tenki.jp)、宇都宮は災難?

まあ、前回の地震関連記事と同じ内容なので繰り返しませんが、気象庁さん他関連機関はどのようにこれを説明するのでしょうか?

 前回記事:もはや制御不能ですね
 

「異常震域」とか適当な言葉を造語ばかりしてないで、このような従来の地震発生理論では説明の付かない地震についてしっかりと説明して頂きたいと思います。

もちろん、オペレーションミスだとか仕掛けの暴走だとか、当ブログのような一般には理解し難い頭のおかしな返答をされても困りますから、とりあえず

 分かりません・・・

でもいいのですよ。何たって相手は大自然(笑)なのですから。

日本はどうして地震が多いのか?元々無理のある設計だからというのが答えの一つなのですが、無理はいつまでも通らないというこの世の理(ことわり)がいよいよ目に見えて現れて来たようですね。朝目覚めてカーテンを開けた時、窓の外に昨日と同じ風景が見られるとは限らないということです。



神代二の年に記す
管理人 日月土

変電所爆発と私たちの未来

※10/12に関連情報として「ヤマサ醤油報道」の解説を追記しました

このブログでは何度か鉄道が止まったその原因について考察しています。記事ネタとしては少々飽きが来たところですが、昨日首都圏で起きた「変電所爆発・火災」については、今後も頻繁に発生する可能性が憂慮されるため、記録の意味でもその分析をここに残すことにしました。

以下は同事故に関する報道です。まずこちらをお読みください。

JR東の運転見合わせ、午後8時過ぎ再開 変電所火災の影響
2021年10月10日 15時16分

f:id:adoi:20211011185951p:plain
【動画】蕨変電所の火災=近隣住民撮影、遠藤雅彦撮影

 JR東日本は10日午後0時55分ごろに停電したため、山手線や京浜東北線埼京線常磐線常磐線(快速)、宇都宮線高崎線京葉線武蔵野線の全線で運転を見合わせていると発表した。午後3時までに京浜東北線の赤羽―大宮駅間、宇都宮線全線、高崎線全線を除く各線は再開した。残り3線も午後8時5分ごろに再開した。

 埼玉県警などによると、停電とほぼ同時刻に、埼玉県蕨市塚越4丁目のJR東日本の蕨交流変電所で「爆発音が聞こえた」と近隣住民から110番通報があった。変電所の変圧器などの電気設備を収容しているトランス室約25平方メートルが燃えた。消防車など計6台が出動し、火は約30分後にほぼ消し止められ、午後4時20分ごろ鎮火した。現場は無人で、けが人はいないという。

 JR東日本は取材に対し、「変電所の火災の影響で停電した可能性がある」としている。(以下略)

引用元:朝日新聞DIGITAL https://www.asahi.com/articles/ASPBB4JFGPBBUTIL11D.html

一晩明けた今朝のニュース番組では、蕨交流変電所の電力系統が凡そ次の様になっていたと説明がありました。

f:id:adoi:20211011190124p:plain
画像1:ニュース番組で使われた電気系統図

要するに、この事故の影響で首都圏のJR線ががほぼ全線止まったものの、同変電所内には分配器を介した他の変電所へのの供給ラインがあり、分配器は無事だったため、直接的被害を受けた京浜東北線、宇都宮・高崎線よりも早く復旧できたというものです。

えーとですね、画像1は外部の発電所から蕨変電所に電力供給されていることになっていますから、都市最大の電力消費設備である電気鉄道が3線もダウンしたら、その電力は他路線や、また同じ送電網にぶら下がる一般家庭配線に一気に流れ込むことになります。そうなると、変電所火災どころか、あちこちの送電線内で過給電による火災が発生したり、ブレーカー作動による停電や機器の停止が連鎖的に起き、周辺は大混乱するはずです。

しかし、実際はそんなことは起きなかった。覚えておられるかどうか分かりませんが、これに似たような現象は、実はこの6月20日に発生した変電所トラブルによる山手線大停電でも観測されたことであり、当日の記事でそれについて簡単に説明しています。

 関連記事:山手線大停電でも街は明るかった
 
この現象を矛盾無く説明するには、現実の電力供給が次の様になっていると考えなければ辻褄が合いません。

f:id:adoi:20211011190312p:plain
画像2:真実の電気系統図

ちょっと面白いなあと思ったのが、地図記号では変電所も発電所も区別がなく同じ記号を使うのですよね。現実はまさにその記号通りで、蕨変電所を蕨発電所と見ればこの問題は一気に解決を見るのです。

f:id:adoi:20211011190413p:plain
画像3:変電所と発電所の記号は同じ

ならばどうして、他の路線まで停まったのだと思う方は多いでしょう。実は、この不可解な電車の停車と同じ現象は、3年前の北海道地震でも起きているのです。

 関連記事:認めたくない、日本の憂うべき現状(13) -北海道、嘘だらけの節電呼びかけ

起きるはずもない停電が北海道全域で発生し、日本政府がそれを理由に北海道民に節電を強要しようとしたあの出来事です。同記事を読めばご理解頂けると思いますが、「電気は遠くの発電所から送られてくる」という電力神話を国民に信じ込ませるため、政府は敢えて一斉停電を演出したのです(*)。
*東日本大震災後に行われた計画停電輪番停電も同様です

しかし、一部の発電所では手動でオン・オフを制御していたため、全域停電のはずが旭川では普通に電気が使えるような事故(笑)もこの時は発生しました。このような事故(笑)を防ぐため、現在は、どこかのローカル発電所がダウンすると、同期信号が発信され周囲の発電所が連鎖的にダウンし、美しき国民神話を守るようなシステムが作られています。

つまり、早期復旧したJR路線は、同期信号によって電力供給を一時停止させられていただけなのです。ですからJR東日本が民放に説明したと思われる画像1は、神話に合わせた全くのデタラメであると断言できるのです。


■それでは事故原因は?
以上までは、既に他の記事でも解説したことがある内容でした。しかし、今回注目すべきなのは、「爆発音が聞こえた」という証言と、映像に見る火災規模が極めて大きいことです。

私も当初は過給電によるコンデンサー類の爆発事故かと思ったのですが、爆発音が非常に大きかったという別の証言と、動画に写る火勢を見てそれはないと判断しました。

私の導いた結論は以下となります。

 地下アレの爆発事故

おそらく燃料が熱暴走を起こし炉内で水蒸気爆発を起こしたのでしょう。同時に施設が出火したものと思われます。こんな場合でも通常は地下施設内で閉じ込められる設計のはずですが、今回の場合は事故の規模が余りにも甚大で、地上への導管を通して施設内の爆風と火が一気に上がって来たものと考えられます。

そうなると、毒性排出物(敢えて明言しません)による健康被害が最も心配されるのですが、いつもの情報筋に問い合わせて確認したところ、幸い深刻なレベルには至ってないとの回答を受けました。もしもこれが深刻なレベルなら、こうして記事を書くのは躊躇われていたことでしょう。

最後に付け加えておきたいのは、実は地下奥深くで起きている同種の事故は、私の観測ではここ数年増加傾向にあります。ほとんど表面化することがないので、気にする方はほぼ皆無かもしれません。しかし、今回のように事故が地下に閉じ込めきれないケースも実際にあるのです。

この問題は、私たちが享受する都市機能の利便性、その負の遺産として、何10年もの間ずっと積み重ねられてきたものです。ですから、一朝一夕に解決するものではありません、しかし、いよいよその大きな負債を抱えられなくなる時節が近付いてきました。地下アレの老朽化が主原因と考えらえますが、これからも電気設備の突然の停電・爆発・炎上などが増えてくるでしょう。

本来なら、この問題について説明しなければならないのは日本国政府経団連、電力会社やJRなのですが、今回の報道を見ていると、隠しはしても事実を公表する気は更々なさそうです。

私のブログは無力な存在ですが、分かる人には伝えておきたい、そして、孫・曾孫、そのもっと先まで続く国民共通の問題としてこれを認識し、また共有する。まずはそこからがスタートであると思い、ここに記した次第です。

追記(10/12) 醤油会社と地下開発

蕨変電所で爆発事故があった当日、次のニュースも流れました。実はこれまでにも千葉県銚子市にある醤油工場について、遠回しにその存在を示してきました。今はまだ詳しいことは伝えられませんが、日本の醤油メーカーは薬物原料の他にも地下開発に関わる重要な原料を密かに生産しています。古代から続く醤(ひしお)製造のノウハウがそこに活かされているのです。驚くのはこの話が123便事件にも関係してくることです。

関心のある方はその生産物が何であるか、過去の(新)ブログ記事の中から見つけ出してみてください。これらの企業にも全日本国民に向けて重大な説明責任が課せられています。

 ヒント:黄色洋菓子

新型コロナウイルスワクチン 日本が誇る“しょうゆ”老舗企業が原料製造
引用元:YAHOOニュース(日テレNEWS24) https://news.yahoo.co.jp/articles/1d542189ac5375071a86b0b844039985035b08e8



神代二の年に記す
管理人 日月土

どちらが沈没?にほんとニッポン

今晩からTBS系でテレビドラマ「日本沈没」が始まるようですね。小松左京さん原作のこのドラマ、子供の時にもハラハラしながら観た記憶があります。そう言えば小説版も買って読みましたっけ。

今回のリメイク当たって私が気になるのは、「日本」という字を公式に「にほん」と読むのか「ニッポン(外国のこと)」と読むのかという点です。そこで、ドラマが始まる前にYoutubeの番宣動画を見てみることにしました。

 関連記事:にっぽん人は日本人に非ず

最近は「ニッポン」なる言葉を作り出したNHKさんだけに留まらず、民放までもが「ニッポン」を連呼するようになってきました。不自然な響きの「ニッポン語」や「ニッポン時間」、「ニッポン人」等々、もはやこの国は外国に占領されてしまったかのようです。そんな「ニッポン」が沈没してしまうのなら、そりゃ結構と思い動画を覗いてみたら・・・
 


埋め込み元:TBS https://www.youtube.com/watch?v=CsECprMsWeg

なんと!!、このタイトルに限って「にほん」じゃないですか!つまり

 日本(にほん)なんて沈んでしまえ

と言いたいようです。同時にこの国はニッポン(外国)のものだと宣言したいようですね。"目に見えない敵"とはまさかニッポン!?

昨年、同じテーマでNetflixでも「日本沈没 2020」というアニメが放映されたそうですが、こちらも番宣動画があったので、確認のためそちらも観てみることに。


埋め込み元:Netflix https://www.youtube.com/watch?v=3kZe3vXf96Q

うわー、こっちも「にほん」です。ここまであからさまに日本(にほん)を呪ってくるとは、日本(ニッポン=外国)のメディアは徹底してますね。

まあ、今時まとも人はテレビなんて観ないでしょうから、放っておけば良いのですが、もしも観ることになったら、セリフによく注意しておいてください。

 「このままでは"にほん"は沈んでしまう、"ニッポン"人を救え!!」

とか使い分けていたらもはやお笑いです。私はすっかり観る気が失せましたが、今晩お暇な方は、ぜひそんな興味をもってご覧になられると非常に面白いかもしれません。



神代二の年に記す
管理人 日月土

地震の管理は厳重に

一昨日の6日から昨日の深夜まで、少し大きめの地震が立て続けに起きているようです。私としては、かつて「大地震はもう起きないかもしれない」のような予想記事を書いた手前、こう地震が続くと少しバツが悪く感じます。

f:id:adoi:20211008010904p:plain
図:6日未明の岩手沖地震 (引用元:tenki.jp)

f:id:adoi:20211008010951p:plain
図:6日夕方の大隅半島地震

f:id:adoi:20211008011017p:plain
図:7日深夜の千葉県北西部地震

上の3つの地震の内、7日深夜の震源地は内地の千葉ポートパーク周辺と言いますから、ちょっとびっくりしました。

f:id:adoi:20211008011048p:plain
写真:千葉ポートパーク

というのも、私の耳に入っている情報では、千葉ポートパーク付近から稲毛海岸海浜幕張にかけてのJR京葉線沿いの広大な埋め立て地の地下は、東京湾の海底部分も含み、大規模に軍事要塞化されていると聞かされているからです。

ですから、もしかしたらこの地震はこの基地併設の地下アレが逝ってしまったのではないかと、一瞬脳裏をよぎったのです。

しかし、冷静に考えれば地下アレが逝ってしまったくらいで、ここまで大きな揺れが起きるはずもありません。大きな地震を起こすのに必要なエネルギー量が極めて膨大であるのは、計算をしてみればすぐに分かります。

 関連記事:宮城でまた地震-地震は人為的に起こされる


そこで、今回の地震が発生した別の原因について推考し、その結果得られたのが以下の図です。

f:id:adoi:20211008011200p:plain
図:震源の真下にある円形の何か

メルマガ購読者の方には、地震がどのように発生するのかその基本的な原理について既に説明済です。この図の円形部分の下にはその原理を生み出す装置のようなものがあると思ってください。

どうやら、この装置の制御が効かず暴走したのが今回の地震の原因であろうと私は推測します。最近の制御不能の傾向は前回の記事でも指摘しましたが、そうだとしたら、「管理できない物を作るな」と私は言いたい訳なのですが、あくまでも仮説ですので、さすがにそこまでは言い切れません。

事実を知り得るのはあくまでも当事者さんだけですが、もしも、当事者さんがこの記事を読んでいて、しかも私の予測が当たっていると評価されるなら、こんな物騒なモノは一刻も早く取り除いていただけますよう、強くお願い申し上げます。自分の投げた槍に当たって死んでしまわれては、見てる方も泣いてよいのか笑ってよいのか困ってしまうので(笑)



神代二の年に記す
管理人 日月土

もはや制御不能ですね

いやー、もう参っちゃいますね、こんな揺れ方されると・・・プレート理論や活断層によるこれまでの地震発生理論は全て畳んで一からやり直さないと、もはやどうにも対応できないでしょう。

f:id:adoi:20210929230300p:plain
引用元:tenki.jp ワープ地震

気象庁さんはまた異常震域とか言うのでしょうが、もはやそんな陳腐な説明でお茶を濁している方がよっぽど異常なのではないかと思います。

もうズバっと言っちゃいましょう。

 地震のことはよく分かりません

と。気象庁さんも地球物理学者さんも、相手は自然なんですから人ごときの小さなプライドに拘泥しないで、分からないものは分からないと認めてください。私たちも絶対に怒らないから心配しないでくださいね。でも、本当は事情を知っていながらこれまでずっと嘘を吐いていたなら話は別ですよ。

 関連記事:また失敗?
 


神代二の年に記す
管理人 日月土

これはお笑いでしょうか?

今回はそんなに説明することはないと思うので、以下の報道について軽く触れるのみに留めたいと思います。

f:id:adoi:20210925021930p:plain

引用元:Yahooニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/5f88bb12f239aad0d00ec8fd9bad10ec07a7217d

へぇ~、クラスター感染25人中、24人が2回接種しているのにコロコロに感染しちゃったわけですか・・・何度か記事にしてますが、初めっから感染予防効果なんかないって言ってるでしょ(笑)

 関連記事:
  ・だから感染予防はできないんだって
  ・ワクチンは打ち損

そもそも、マスコミの言う「感染」とは「PCR陽性」のことであり、両者が医学的に全く別の定義であることは今更指摘するまでもないことですよね。ウィルスのゴミのような断片が身体に引っ付いただけでもPCR陽性は出ちゃうのですが、それを「感染」と断定する根拠はいったいどこにあるのでしょう?1年前から指摘され続けていることですが、今更振り上げた拳は下せないのだとしたら、何とも情けない話です。

さて、ブレークスルー感染とかいう、何やらカッコイイ響きの新語については次の様な説明がなされています。

f:id:adoi:20210925022121p:plain
引用元:Yahooニュース https://news.yahoo.co.jp/pages/20210122

だから突破も何も「予防効果」なんか初めからないんだって、何度言わせるのでしょうか(笑)。ちなみに、この説明に出ている数字の逆を取ると、未接種の人の非感染率は

 (10万人-67.6人)÷10万人= 99.93%

2回接種を受けた人の非感染率は

 (10万人-4人)÷10万人= 99.99%

要するに、この図はワクワク薬を打とうが打たまいが、ほとんどの人が感染なんかしないということを逆説的に説明している訳です。こんなものがパンデミックなのか!?ワクワク薬に感染予防効果が有る無しを議論する以前に、そもそも必要ないだろうという、非常に分かりやすいオチですね。

以上、注意書きにある通り、客観的なデータをもとにした冷静な判断をさせていただきました(笑) もしかして笑いのブレイクスルーだった?(爆笑)



神代二の年に記す
管理人 日月土