(真)日本の黒い霧

123便事件は世界の闇を照らす

すみません、凄く間違ってます

※7月12日に追記があります

このブログでは、多くの皆さんが信じている電気の常識について、その多くが間違っていると指摘してきました。

ひとしきり説明はしたので、もういいかなと思っていたら、ネット記事に次の様な記述を見つけたので、これは一言お節介を焼かなければと思い、筆を執ることにしました。

エジソンの「直流方式」が短期間に駆逐されてしまった「納得の敗因」
7/9(火) 7:30配信

(中略)

※本記事は田口善弘『学び直し高校物理 挫折者のための超入門』から抜粋・編集したものです。

使い勝手がよい交流方式

エジソンが推進した直流方式の敗因について、もう少し考えてみよう。

電力は高電圧で送ったほうが損失が少ない。高電圧で送ったほうが電流が低くなり、送電線での発熱が抑えられるためだ(『学び直し高校物理』Chapter17「ジュールの法則」参照)。

白熱電球の場合は発熱は多いほうが明るくなるので電流が高いほうが都合がいい。しかし、導線で遠方に電気を送ることを考えると、途中で発熱で失われるエネルギーが少ないほうがよいので、電流は低いほうがいい。

では送電において、電流を低くするにはどうしたらいいのか。遠方まで電気を送る場合、導線の長さが決まっているから、電気抵抗は決まっている。となれば、できることといえば、電圧と電流の調整だ。発電機が生み出す電力は以下の式で表すことができる。


 電力(ワット)=電流(アンペア)×電圧(ボルト)


電流と電圧の組み合わせは無数にあるが、エネルギー保存則に支配されるので、電圧が変わっても電流と電圧の積は変わらない。つまり、高電圧にすれば、電流は小さくなるので、電気抵抗で熱になって失われてしまうエネルギーは減る。これが高電圧のほうが失われるエネルギーが少ない理由である。

エジソンの直流方式が短期間に駆逐された背景には、交流方式が直流方式に比べて送電ロスが少ないことに加えて、電圧の変換が容易であるという長所があった。というのも、工場ならいざ知らず、家庭や事業所などで、実際に電気を使うときには電圧を下げないと危険極まりない。すなわち「使うときは低電圧、送るときは高電圧」にする必要がある。
(以下略)

引用元:YAHOOニュース(現代ビジネス) https://news.yahoo.co.jp/articles/bf69bb761d2fa1fefd4c080fe7ec407c4a527666

えーとですね、私が指摘したいのは次の等式なんです。

  電力(ワット)=電流(アンペア)×電圧(ボルト) ---(1)

この等式自体は間違っていないのですが、ここから導かれる次の結論がいけません。

 "つまり、高電圧にすれば、電流は小さくなる"

もちろん、この等式だけ見ていればそんな風に考えてしまうのですが、オームの法則という電気理論において絶対的な法則に従えば

  電圧(ボルト)=電流(アンペア)×抵抗(オーム) ---(2)

ですから、(1)の式は次の様に置き換えられるのです。

  電力(ワット)=電流(アンペア)×電流(アンペア)×抵抗(オーム) ---(3)

この式を見ればもうお分かりのように、

 電力は電圧と電流ではなく電流と抵抗の値に依存する

のです。



そうすると、(2)式で電圧を上げるために抵抗を増やしたら、それこそ送電ロスが増えますし、電流値を増やそうにも、大電流を流すと磁気抵抗が無視できないレベルで増大し、1000アンペアを超えたところで頭打ちになってしまうので、やはり限界があるのです。

そもそも、電流値を下げるための高電圧なのに、高電圧を得るために電流値が増えるというのでは前提の話と全く矛盾してしまうのです。

 さらに詳しくはこちら:電気の嘘と国家詐欺 

要するに

 「高電圧は効率が良い」は神話(嘘)

であり、この神話(嘘)を世界中の電力会社は一生懸命喧伝しているだけでなく、この様に教科書にまで堂々とこんな神話(嘘)がもっともらしく書かれているのです。

電圧の高い方がパワーがある? (7/12 追記)

多くの皆さんは、「電圧が高い=パワーが大きい」と勘違いされているようです。それは、「100万ボルトの高電圧だ、近づくな!」等の言い回しによく表現されています。

さて、「電圧=抵抗×電流」であることは上で既に述べていますが、この式に従えば、抵抗が大きければ電圧は高いということになります。

そうすると、電気を通しにくい大気は抵抗が非常に大きいのですが、皆さんは大気の中で毎日感電しているでしょうか?

そんなことがないのは、大気を通電する電流が非常に小さいからなのです。例えば、1万ボルトの電圧の内訳が

 1万ボルト=100万オーム×0.01アンペア

だとすれば、流れている電流はたったの0.01アンペアでしかなく、この電流に触れた時に自分自身にかかる負荷(パワー)は、

 0.01アンペア×0.01アンペア×5000オーム(人体のおおよその抵抗)=0.5ワット

と計算され、人によってはビリっと感じるレベルかもしれませんが、非常に僅かなものとなります。

この様に、電圧と言う指標は電気の出力を表す指標としては不適切であり、この電気社会において常に電圧の高低を以ってそれが語られているのは、電気の実情を誤魔化す為の巧妙なトリックであると考えられるのです


あと、交流電気だと電圧変換が容易と書かれていますが、電圧変換自体がエネルギーのロスに繋がることも説明が省かれています。

そもそも、「電圧変換によるロスはほとんどない」と教科書には書かれているのですが、実はどんなに高効率でも半分はロスしてしまうのが電圧変換なのです。つまり、変換作業自体にエネルギーが奪われてしまうのです。

 さらに詳しくはこちら:魔法の電圧変換装置(トランス)は存在しない 

そうでないと、トランス(変圧器)がいっぱい組み込まれた昔のアンプがどうしてあんなに発熱するのか説明できませんよね。つまり、

 「変圧のロスは殆どない」は神話(嘘)

ということになります。

電線1本に流せる電流はせいぜい40件分(25アンペア平均)だとして、高圧線鉄塔にその電線が20本ぶら下がっていたとしても、送れる電流量はせいぜい800件分なのです。

しかし、その高圧電線の先には何万件分もの住宅があり、工場があり、電気鉄道があります。その全てに十分な電力を行き渡らせるのに、いったいどんな魔法を使っているのでしょうか?

要するに、私たちが今使っている電気は、本当はどこからどのように届けられているのかということなのですが、読者の皆さんに考えて頂きたいのはまさにそこなんです。そしてその問題こそが、

 近い未来に起こる避けられない災難

の元凶となることを理解して頂きたいのです。


もう始まっています(関連記事:Vigilance Rouge 



神代四の年に記す
管理人 日月土

幻想の火星滞在実験

米国宇宙喜劇団のNASAさん、そこで、そんなこともやってたんだなと、思い出させるニュースが報道されました。


(以下略)

引用元:NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240707/k10014503921000.html

いつものような爆笑ネタではありませんが、私たちの果てしなき宇宙への幻想をより増長させる話題としては、一応アリなんだろうなという感想です。

「火星に似せた」とありますが、大気成分と気圧は人工的に作り出せるとしても、重力に関しては地球の重力のママとなりますよね。

火星の重力は地球の3分の1ということですが、その差はけっこう大きいと思います。人の身体は地球の重力に合わせて循環器系ができあがってますから、どうしても足に血が向かい易いところを、足の筋肉などが運動して上体に血を押し上げるような機構をしています。

重力負荷が少ない環境では、環境に合わせて足の筋肉が退化して行くということなので、それで、ISS国際宇宙ステーション)の帰還メンバーは、着陸直後は地上に立てない素振りを見せるのですが、時々その設定を忘れてスタスタ歩き出すメンバーが居るのは宇宙喜劇団ならではのご愛敬ですよね(笑)

しかし、重力よりも火星に似せるのが困難なのが


 大地からの電磁パルス信号


なのです。

これについては、2020年の過去記事「嘔吐物と身柄回収要員と」で次の様な図で表現しています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/adoi/20200327/20200327012031.png
図:全ての地球生命体は地球環境と通信を行っている
  環境は私たち自身であると言っても言い過ぎではないでしょう

以上はあくまでも概念図ですが、地上の生命体は全てこの電磁パルス信号に従って生命活動を維持し、危機的状況下では種の生存のために、この命令系統の指示によって突然変異が促されたりするのです。

(新)ブログ記事「陽電化する日本人(2)-世界滅亡前夜」には、311の放射能災禍の中で起きた事実を基にこの辺のことをもう少し詳しく書いていますので、お時間があればお読みになってください。

要するに、地球で生まれた生命体はこの信号を受けられない環境では生命活動を維持などできないのです。なので、本当に「火星に似せた環境」を構築したというなら、火星でのパルス信号をシミュレートし、そのマッチングを確認しなければいけないのですが、地球からの信号解読もままならないのに、そんなことができるはずもありません。

なので、


 火星の居住環境構築なんて無理


なのは初めから分っていることであり、結局この実験も、私たち一般市民に宇宙への夢とモチベーションを与えるための、宇宙喜劇団渾身の演技と見るべきものなのです。

同じ理由から、パルス信号が殆ど届かなくなる地上500kmのISSでの滞在などまさしく無理な話で、本当にそんな所に居たら、最長で7日以内、平均で2日以内に絶命するのは確実なのです。まあ、それよりも、宇宙空間でスラスターなど反動型推進装置が機能する物理学的根拠を先に述べて頂きたいのですが(笑)

ですから、若田パイセンを初めとする、ISSに何百日も滞在したとされる劇団員の皆様は、その身を地上のISSスタジオに隠しながら、辛抱強く私たちに宇宙の夢を届け続けてくださったのです。

そんないじらしい宇宙喜劇団の皆様には本当に頭が下がります。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/adoi/20200602/20200602084428.gif
装着したハーネスが眩し過ぎる若田パイセン、
いつもお疲れ様です、本当にありがとう!!


神代四の年に記す
管理人 日月土

深夜の緊急連絡

おやおや、航法装置が高度に発達した現在において、何ともあり得ない事故が発生しました。


(以下略)

引用元:NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240702/k10014499041000.html

この事故、私の分析では明らかに「暗号報道」なのですが、今回の場合はメディア側がどうこうではありません。むしろ事の緊急性を広く素早く伝えるには、少し目立つ事故を起こして普通にメディアで取り上げてもらうのが一番手っ取り早いのです。

この事故の場合、キーワードは

 八戸(出航地)、苫小牧(到着地)、座礁

の3つになります。

ここから先は、互いのキーワードを結びつけるバックグランドを知らないとどうにもなりませんが、関係者の頭には直ぐに次の絵が思い浮かぶことでしょう。


八戸


苫小牧

座礁」とは船が乗り上げて動かなくなることですから、一般的には「失敗」や「中止」の意味が含まれていると考えられます。

ここから、

 2地域間で行われる予定だった合同作戦は中止になった

とアバウトに読み取れますが、具体的にはどういうことなのか?

ヒントになりそうなのは、この座礁事故が起きたのは7月2日の午前1時前後、そして、黒霧メルマガ最新号の配信されたのが前日の午後11時20分であったことなのです。もしかしたら両者は関係していたかもしれません。

その内容については、メルマガ読者さんでしたらば同号の「特別解説」をお読みになると少し事情が見えてくるはずです。



神代四の年に記す
管理人 日月土

行け、H3ロケット

いよいよ打ち上げだぁ!


しかも成功シナリオだぁ!

👆いちおう、シミュレーション画像だとお断りがありましたが、紛らわしい(^^;

まあ、宇宙空間で燃焼型(反動型)エンジンが機能する訳ないので、シミュレーションじゃないとこんな画像は作れませんよね(笑)


図:私たちの知っている宇宙

だって宇宙空間でスラスター(噴射式姿勢制御装置)なんか絶対に使えませんからね、それじゃまずいから、こうやってヴァーチャルに私たちの果てしなき宇宙への夢を育んでいるのです。個人的には、こちらのシステム設計の方に非常に興味があります。

私たちのために、ありがとう世界の宇宙喜劇団の皆さん!ありがとう若田パイセン!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/adoi/20191121/20191121000137.jpg
ありがとう気球さん!(関連記事:「白い気球の正体」から) 
ただのアドバルーンが発光するかい!(笑)



これで、準備していた大地4号エミュレータが運用開始できますね。よかった、よかった。


心からの応援イラスト(笑)


神代四の年に記す
管理人 日月土

リアリティ満載の打ち上げ日変更

やっぱり、天候やら諸条件の問題で打ち上げ日が変更になるって、宇宙喜劇においてはもはや定番のシナリオですよね。見ている方も、その方が何故だかドキドキしてしまうのです。たいへん素晴らしい演出です!


https://x.com/JAXA_jp/status/1806575863485575526?t=qaEUXxPoIA13SGfYuZSPWg&s=06

昨日27日の記事「少しだけ真面目な質問」で、宇宙空間における推進方法について、本当に少しだけ真面目な質問を書かせていただきましたが、なんと!こんな偶然もあるのかというタイミングで、JAXAさんが理論構築されたという、新しいタイプのイオンエンジンについて詳細な解説が掲載されていました!


https://x.com/ISAS_JAXA/status/1806539308662415386?t=vphhSIO6PwzWK8yd8e7NBA&s=06

リリース記事を読むと、要するに、これまでは機外に放出するイオンは、イオン溶液を一旦プラズマ化して得ていたものが、多孔質エミッタによってそのプロセスが省略でき、よりエンジンの省エネ化、小型化に目処が立ったというものです。

その研究自体は非常に素晴らしいものです。

でもですね、これって原理としては反動型推進エンジンであり

 宇宙空間では全く役に立たない

のですが、こちらの研究者さんたちはそれを分かっているのでしょうか?

 関連記事:コロナ祭の間に宇宙航行を考えてみた 

もっとも、研究分野では表向きの開発理由と実際の使用目的が違うケースなんてざらにありますから、私の場合は、この研究が本当は何に使われるのか、そちらの方に興味があります。

もう一つ考えられる理由があるとすれば

 小難しい理論があった方がそれっぽいし、カッコイイ

からではないかと思います。まさにそれこそが、宇宙喜劇団が担うべき、人類の夢と希望と笑いを実現する上で欠かせない、重要なフレーバーであると言えるでしょう。

ロケットのような大道具から、難解な理論の構築まで、そのカバー範囲の広さと細部への作り込みこそが、宇宙喜劇団最大の魅力なのです。

さて、打ち上げ日時が1日ズレてしまったようですが、この心憎い演出に私たち宇宙喜劇ファンも寛容さと満面の笑みでお付き合いし、大いに応援しましょう!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/adoi/20200602/20200602084428.gif
もしかして、若田パイセン出演のためのリスケジュール?



神代四の年に記す
管理人 日月土

少しだけ真面目な質問

今月末に行われるH3ロケットの打ち上げがいよいよ迫って来ました。それに先駆けて、26日には米国で、スペースXの大型ロケットを用いて気象観測衛星が打ち上げられたとか。

いわゆる専門家さんから次の様なツイートも

https://x.com/Aero_actor/status/1805791367521878481?t=a_GcIqSVycuitq8Nof5iDw&s=06

宇宙空間の撮影映像って、星が写っていたりいなかったりするんですよね。これは写ってない部類でしょうか?

地球がやけに明るく輝いているのに、衛星とブースターの表面は落ち着いた光の反射。どうやら、3Dモデラ―のライティング設定を対象オブジェクトによって変えているようですね。

まあ、映像イメージの編集なんかは普通に行われる事なので、今更とやかく言いませんが、それにしても

 ほぼ真空の宇宙空間でどうやってブーストできるのか?

この、トンデモ科学的超絶技術について、今度詳しく教えてください。それまでは、NASAさんもJAXAさんも、私たちに夢と希望と笑いを提供して下さる

 宇宙喜劇団

として、しっかり応援させていただきます。

30日のH3打ち上げ、ぜひとも成功シナリオでよろしくお願いしますね。

だからぁ・・


https://x.com/dfuji1/status/1806335767117177103?t=Dgq5dqdGa5WhXkGFL0n_Rw&s=06


どうやったら推進できるのか教えてくださいな。宇宙空間で反動型推進装置なんて無意味でしょうが(笑)

それにしても、スペースシャトル計画は1980年台から始まっていますが、宇宙喜劇団の美術制作技術は、当時から世界最高峰ですよね。まあ、掛けている金額が違うから当然なのですが。

 本当に、感動と笑いをありがとう!!

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/adoi/20200602/20200602084428.gif
H3打ち上げ時には若田パイセンの実況解説もぜひ!



神代四の年に記す
管理人 日月土

コロンブス騒動の真意

軽音楽カルチャーから足を洗って何年経ったのか、私が最期によく聴いてたのは、ピッチカート・ファイブでしたね。それからの流行りについては全く疎いままです。


懐かしい(T.T)

ですから、知人から「Mrs.Green Apple (MGA) のミュージックビデオ(MV)が差別表現で批判され、お蔵入りになった」と聞かされても

 んっ? 何それ?

といったような感じだったのです。


問題のMVから

その方、お子さんも含めて親子でMGAの大ファンだったらしく、今回の一件はそれなりにショックだったとか(知らんけど)。ただ、それに加えて少し気になることも、例えば

 ある時、曲調がガラッと変わったんだよね

などなど、以前からのファンとしては看過できないのだとか。

それで、重い腰を上げ、MGAの問題の曲「コロンブス」を聴き、また歌詞を確認し、そして今回の差別的表現に関するネット上のコメントを多数見させて頂きました。

コメントの中で、かなり的を射た意見だなと思ったのは

 スポンサーは放映前にチェックしなかったのか?

というものです。

スポンサーのコカ・コーラさんと言えば、マーケティング業界ではお手本にされるくらい、広告宣伝などのパブリシティに長けている企業として知られています。当然、最近うるさくなっている企業コンプライアンスなどに対しても、いち早く対応しているだろうと、普通に考えられる企業なのです。

私もその意見に同感で、コカ・コーラさんがチェック漏れなど、そんなヘマをするとは考えにくく、あるとすれば、

 最初から炎上騒ぎを想定したマーケティング

だったのではないかと、一番に考えられるのです。

そんな、企業イメージを悪くするようなことをわざわざするのか?というのが、多くの方のご意見かもしれませんが、もしもこれが、一企業の思惑を超えたものだとしたらどうでしょう?むしろ、この騒動こそが、コマーシャルフィルム(CF)に組み込まれた本来のメッセージを伝える格好の場となり得るのです。

■「アップル」の意味

私はクリスチャンなので、「アップル」と聴くと、まず最初に聖書の創世記に書かれた「アダムとイヴが食べた禁断の林檎」を思い出します。

MGAは「Mrs.」とあるように、女性を指していますから、アダムとイヴのどちらかと問われれば、迷うことなくイヴを指すことになります。

ところで「アダム」はヘブライ語のאָדוֹם (アドォム)の音に近く、アドォムの意味は「赤」なのです。つまり、色のグリーンを指定している段階で「アダム(赤)ではない方」、すなわちイヴを指していると解釈できるのです。

ですから、MGAという音楽ユニット名自体が聖書の「イヴ」を表していると言えなくもないのです。


アニメ「メタリック・ルージュ」からルジュ(赤)
見た目は女性だが、聖書の「アダム」を模しているのが分る


同作品からナオミ・オルトマン(ドイツ語で「代わりの人間ナオミ」の意)
神が自分に似せて創造した人間(アダムとイヴ)のことか?


■歌詞に刻まれたメッセージ

はっきり言って、これが現代の日本語なのかと思うくらい、歌詞全体については意味不明の表現が多いと感じました。しかしその中でも、これは?と思った箇所が幾つかあったので、それをピックアップしてみます。

[Intro]
 いつか僕が眠りにつく日まで

詩文における「眠り」とは、時に「死」の暗示であることは、一応気にしておくべき点です。

[Verse 1]
気まぐれにちょっと
寄り道をした500万年前
あの日もやっぱ君に言えなかった

「500万年前」は単純な詩的誇張とも取れますが、何故500万年前なのか?コロンブスアメリカ大陸発見が、世界史の教科書では1492年と一応500年前ですから、その数字を誇張しただけなのかもしれません。

しかし、古神道の思想には、五十が諸国、五百が日本、五千が世界という考え方があり、そのロジックを用いれば、この500は

 日本を指している

といるとも読めるのです。そして、このフレーズにはイントロと同じく「日」の文字が埋め込まれています。

[Verse 2]
偉大な大発明も
見つけた細胞も
海原に流れる
炭酸の創造

ここでは、現代文明を発展させた「偉大な大発明」、見つけた細胞とは「遺伝子工学」の発展や細菌やウィルスなどの発見を指すとも考えられますが、それらが海に漂う「泡のようなもの(炭酸)」と言ってるように読めます。

[Verse 4]
文明の進化も
歴代の大逆転も
地底の果てで聞こえる
コロンブスの高揚

「地底の果て」とは「地中深くで」ということなのでしょうか?コロンブスは地中深くから地上の文明の進化や地上社会の変遷を興奮しながら見ていたと読めますが、どうなのでしょうか?

Youtubeなど今回の件に関する投稿動画の解説によると、このMVでは、MGAのメンバー3人(日本人)が扮するコロンブス、ナポレオン、ベートーベンが、猿の着ぐるみを来た類人猿(演者はどうも外国人ぽい)を教育したり、車を引かせるなどして、それらが米国大陸の原住民を侮辱している様に受け取らたとのことですが、上述したように歌詞の一部に目を通しただけでも、そんな程度では収まらない何かもう一段奥にある意味を感じます。

さて、この曲の最後の歌詞は次の様に締め括られています

[outro]
出会いや別れを繰り返すんだ
潤んだ瞳の意味を生かすには
まず1個 宝箱を探すんだ

「出会いや別れを繰り返す」とはどういうことなのか、そして「宝箱」とは何なのか?

以上を総合的に解釈しようとしたとき、これまで(新)(真)(神)ブログで述べてきたことの一つ一つが繋がってくるのがお分かりでしょうか?キーワードを整理すると次のようになります。

 ・イヴ
 ・いつか死ぬ日(日本?)
 ・日本
 ・海を漂って来た発明
 ・地底から見られている地上文明
 ・繰り返し(ループ)と宝箱

これらが、どのように繋がるのか、イヴを「少女神」と置き換えると少し分かりやすくなるかもしれません。なお「少女神」については(神)ブログを参考にしてください。

地底の話については、「地下アレ」などの表現で既に数多く示唆していますし、飛行機などを実際に浮上させているのは、航空力学に拠らない出自不明のブラックテクノロジーであることも、既にブログ上では述べています。

そして、以上から読み解ける最も強烈なメッセージとは

 (MVで)未開世界を牛耳る日本が(SNSで)大炎上した

という事実そのものなのです。これはイントロ部分の「眠り(死)に就く日(日本)」の暗喩にも重なってきます。

以上、かなり粗っぽい組み立てとなりましたが、お分かり頂けたでしょうか?まだブログで述べていない、古代・超古代の日本と世界の関係を知らないと難しいかも知れませんが、これを理解した時、何故、米国資本のコカ・コーラ社がこのCFを世に出したのか、私は大いに納得したのです。

最後に、(神)ブログ記事「神武天皇と三嶋神」で、次の様な古代天皇系図を掲載しましたが、その男女の配色に今一度ご注目下さい。ただの酔狂でこのようにした訳ではないのです。


赤い林檎と碧い林檎


神代四の年に記す
管理人 日月土