(真)日本の黒い霧

123便事件は世界の闇を照らす

炒り豆にどっと花咲く時となる

今日は2月3日。暦の上では節分です。正確には明日4日の11:42が節入りとなります。

節分と言えば豆まき。そして豆まきとは

 日本民族に向けた呪いの儀式である

というのが実際であり、それについてはこれまでに次のような記事を書いてきました。

 ・今年も豆まきで日本を呪いますか? 
 ・平成31年の節分 
 ・ニッポン人だけが豆まきを祝う 

今回もお伝えしたいことは全く変わらないのですが、この日に限ってNHKさんが次のようなニュースを出して来たのでご紹介します。



引用元:NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20230203/1000089330.html

あーあ、3年前の話を何を今更、そして、どうしてわざわざ節分の日に合わせて出して来たのか?

この木村花さんの自殺報道に対する分析は、一昨年「硫化水素の暗号」でも取り扱いましたが、今回はまた別の意味合いで木村さんの名前を使ってきたようです。

この記事を解読するキーワードはずばり「少女神」。そして少女神とは、

 皇后となった特定女系家系の女性シャーマン(巫女・特殊能力者)

を意味します。

(神)ブログでは最近、この少女神という概念を軸にして日本古代史の分析を進めているのですが、実はその手法がそのままこの報道についても適応できるのです。

まず「木村花」という名前。ここから「村」の字を除くと「木花」となります。そして(神)ブログの1月30日に投稿した最新記事タイトルが「豚と女王と木花開耶姫(このはなさくやひめ)」であることにご留意ください。

私の分析では、木花開耶姫は間違いなく少女神のカテゴリーに属する歴史上の人物であり、実はよく知られたアニメ少女キャラクターのモデルに使われていることが分析により分かっています。
※分析についての詳細は(神)ブログ記事をご覧ください 


図:木花開耶姫をモデルにしたアニメキャラクター達
  左からサン(もののけ姫)、フィオ(紅の豚)、宇崎花(宇崎ちゃんは遊びたい! )

少女神はその特異な巫女的能力から「鬼道使い」すなわち「鬼」とも例えられているのが、次のアニメキャラから良く分かります。


図:鬼と描かれたゼロ・ツー(ダーリン・イン・ザ・フランキス)
  モデルはやはり少女神の媛蹈鞴五十鈴姫(ひめたたらいすずひめ=卑弥呼
  ※本当に角が生えていた可能性もあります

すなわち、「少女神≒鬼」という見方がある以上、豆まきには「少女神(歴代皇后)の排除」、あるいは「少女神の支配」という意味が込められており、木花開耶姫も当然その対象の一人ということになるのです。

史書には多くの少女神が登場しますが、その中でも節分に木花開耶姫が引き合いに出されるのには大きな意味があります。

それは、豆まきに使われる豆は「炒り豆」であること、それが意図してるのは

 この豆からもう花が咲くことはない

という呪いなのです。これを木花開耶姫の名と合わせると

 木花は咲かない → 歴代皇后(の力)は永遠に支配下に置かれる

という意味が生じてくるのです。

木村花さんの事件は、酷い中傷により自殺に追い込まれたというものですから、それ自体が「木花」の「死」を表していると言えます。その意味で、記事タイトルの最後に「4(死)人目」と添えているのも、そのまま言葉による呪詛と捉えることができます。

この報道が呪詛として特に悪辣だと思えるのは、報道内容自体が木村花さんの母を対象(事件の被害者)にしていることで、上述したように、少女神は女系の血を継ぐものですから、当然、木村花さんの母親にも少女神という意味合いが持たされるのです。

つまり、この報道に刻まれた呪詛は特定の少女神に向けられたものでなく、その家系全体、皇后輩出家系全体に及んでいるのです。



 * * *



今私たちが日本人(にほんじん※)としてここに居るのは、遠い祖先の父母あってのことです。その尊い日本(にほん)の母の象徴である皇后に向けて豆を投げつける。それが皆さんが何気なくやってる豆まきの本当の意味なのです。
NHKさんが大好きなニッポン人とは外国人のことです

外国人によって遠い時代に導入され、この国に定着した呪いの儀式は他にも多く見かけますが、まずは今年からでも、生豆を、あるいは花の種を年の数だけプランターに撒いてみるのは如何でしょうか?

やがて芽が出て花となる、あら目出度しや



神代三の年に記す
管理人 日月土

電気料金値上げ祭のプレリュード

世の中では、自衛隊艦艇や海上保安庁の巡視船が相次いで座礁したり、海賊キャラ名による連続強盗事件が起きるなど、今年は初月からなんとも慌ただしい雰囲気です。

そんな中で、ちゃっかりこんな記事が出ていたのを報告し遅れてました。

(以下略)

引用元:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC231ET0T20C23A1000000/

これで、東北、中国、四国、北陸、沖縄、そして東京電力が春からの値上げ申請を出したわけです。

※この報道の後に北海道電力も申請を出しました。

上記事では、円高・燃料費価格の高騰が値上げ理由であると毎度のように同じ説明に終始していますが、もう100回位?はお伝えしてるように、大電力の送電は物理的に不可能であり、火力発電所で大量に燃料を燃やしたところで、そこで作られた電力は発電所のせいぜい10km圏内の範囲にしか送れないのです。

ですから、燃料の価格高騰が云々言うなら、火力発電所の周辺住民に請求するのが筋であり、そこから何10kmも離れた電力消費者にその理由で値上げ分を請求するのはおかしいのです。

しかし、私はこの理不尽な状況を政府・電力会社主催の大祭であると解釈してますので、喜んでこのお祭、「電気料金値上げ祭」にサポーターとして参入する予定です。

その、参入方式として、

 今春値上げする全ての電力会社本店の地下電源を公開する

と既にお約束しているのですが、大店の東京電力さんが値上げ祭に参入するというので、値上げ実行はほぼ確実であると考え、喜び勇んで公開準備に取り掛かったところです。

あとは

 経産省の決断次第

と言えますね。素敵な判断を期待しています(期限付きの補助支援金なんかで誤魔化されませんよ)。

ところで、今回は電気料金値上げ祭の記念すべき前夜祭として、米国電力供給企業の最大手、デューク・エナジーDuke Energy)の本社について、その電源を公開したいと思います。


デューク・エナジー本社ビル
米国ノースカロライナ州シャーロット

やっぱりというか、当然なんですけども、やはりその電源は本社から10km圏内にありました。


ブライアント・ネイバーフッド・パーク
ここがデューク・エナジーの本社電源

この場所の大深度地下(約700m)に原子炉63基が建設され、デューク・エナジー本社およびシャーロットタウンの都市部に電力が供給されています。TDL一つに発電所一棟分の電力が必要なのですから、大都市の電力需要を満たすにはこれくらいの発電炉が必要なのは納得できると言えます。

大電力は長距離送電できないと前述しましたが、「じゃあ、私たちが今使っている電気はどこから来ているの?」という当然なる疑問への答がここにあります。そして、日本におけるその実体(の一部)を公開するというのが、今回のお祭企画の主旨なのです。

デューク・エナジー社は米国でも再生可能エネルギー開発に積極投資しているとよく知られている企業なのですが、大きく話を盛るところは日本とあまり変わりませんよね。

てか、日本の電力会社の皆さん、10年以上徴収し続けた、しかも勝手に10倍に増えた再エネ賦課金はいったい何に使ったのか、値上げ申請する前にそれをまず説明してください。これはお祭とは関係なく、真面目に答えていただきたい質問です。

テレビ朝日もお祭モード(2/1 追記)

まさかこの記事を読んだからではないでしょうが、今朝テレビ朝日の「モーニングショウ」で電気料金の大幅値上げについて特集していました。


電気は水やガスと違うのだから総量を論じるのは無意味です(笑)

電力ミックスだの、再エネだの、相変わらず物理学やコスト計算を無視した経産省環境省仕込みの派手な大ぼらのオンパレードでしたが、現実面では、夜間電力の割引き率も大幅に縮小されるとかで、オール電化の家庭なんて完全に政府・電力会社のタッグチームに一本取られちゃいましたね。中でも一番笑ったのは

 リモートワークと電気料金高騰で家計が苦しくなった

という生活者の苦悩をさも深刻そうに伝えていたことです。

おいおい、数年前に政府の言いなりにリモートワークを推進したのはどこの誰だったんですか?いったいどの口がそれを語っているのか分かっているのですか?思わずそんな言葉が飛び出しそうになったのですが、まあこれもお祭ですから、心で泣いて笑い飛ばすしかなさそうです。

そんなお祭熱心なテレビ朝日さん、他マスコミさんの地下電源もしっかり開示して差し上げますので、楽しみにしていてください。


お楽しみ、前夜祭第2弾はここにしましょうかね。




神代三の年に記す
管理人 日月土

グラビアの女神

今回はお気楽な世間話ネタをお届けしたいと思います。但し、ご理解いただける世代は限定されるかもしれませんが(笑)

1970年代後半から80年代初めにかけて、思春期を迎えていた男子諸君にとってあまりに刺激の強すぎるポスターが町中の商店にベタベタと貼られたことがあります。どうでしょう、この女性を覚えておられる方は男性に限らず案外多いのではないでしょうか?


写真:懐かしのアグネス・ラムさん

そう言えば、この方が登場するまで「グラビアアイドル」という概念も用語も無かったように覚えています。そして、若い男性を悩ませるその肉体美を、当時は「グラマー」などと呼んでいましたよね(笑)

現在では、水着姿のグラビアアイドルなぞ、少年・青年誌では当たり前のように表紙を飾っており、その女性的容姿を巨〇・貧〇などと、何とも情緒の欠けた直接的な表現で呼んでいるのが、時代の移り変わりを感じさせます。

とにかく、ハワイ出身のこの少女が当時のメディア界で一大ブームを起こした訳ですが、今になって当時のメディア戦略を考察し始めると、このブームについても「あれっ?」と首を捻らずにはいられない点が見えてくるのです。

まずは「アグネス」という名前。そう言えば、70年代、歌手として売れっ子だった「アグネス・チャン」さんは私も大好きでした。

「アグネス」がキリスト教文化圏の聖人から付けられているのは後から知りましたが、西洋文化圏の方には聖人にちなんで名前を付ける方が多いですよね。聖アントニオにちなんだその名前も、南米系社会などではどこでも遭遇するので、どのアントニオさんだったのか後で区別が付かないくらいです。猪木さんはまた別ですが・・・

しかし「アグネス」が13歳で殉教した聖少女の名であったのは、私も最近になって知ったことです。そして、気になるのが「ラム」という言葉で、これを英語の「RAM」と読めば

 牝羊(めひつじ=雌羊

を表すのです。もっとも、アグネスさん本人の英語綴りは広東語の「林」を音表記した「LUM」なのですが、カタカナ表記でその区別はできません。

旧約聖書の世界において、羊と言えば捧げものであり、民数記には

その人は献げ物として次のものを主にささげる。焼き尽くす献げ物として傷のない一歳の雄羊一匹、贖罪の献げ物として傷のない一歳の雌羊一匹、和解の献げ物として傷のない雄羊一匹・・・


のような、生贄(いけにえ)として羊が多く登場します。

すると、アグネス・ラムさんが一時期過剰にメディア界に露出した理由とは、

 生贄にされる聖少女

の意味を大衆に意識付けさせる為だったのではないか?そう考えざるを得ないのです。

もっとも、これだけの状況証拠だけでは断言しきれないのですが、現在リバイバル放映されているかつての大ヒットアニメ作品を観ると、これが単なる偶然だとも思えないのです。

 
画像:1970~80年代の人気美少女キャラ「ラムちゃん」。角少女でもある
   (C)アニメ「うる星やつら」製作委員会

そんな事を、一昨日、冬の京都を歩きつつ考えていました。

 関連記事:Maiden's Prayer 



北風に凍える都の宮周る白川房藻の揺れし御心

神代三の年に記す
管理人 日月土

28年目の117

月日が経つのは早いものですね、今日で阪神淡路大震災から28年目の1月17日を迎えるとは。当時を思い出すと今でも胸が詰まります。

災害の当日、私は何事もなかったが如く関東の勤務先に出勤したのですが、仕事を始めようとしたら

 「関西が大変なことになってる!」

と、オフィス内が騒然としたのを今でも覚えています。関西の顧客が多かったのもありますが、何より現地へ出向している同僚の安否が気に掛かったものです。

そんな、この日、地震に関する気になるニュースが配信されました。


(以下省略)

引用元:YAHOO NEWS(Science Portal) https://news.yahoo.co.jp/articles/e50777b2eec03da4b0a612a86636561a155165a1

良くあるニュースと言えばそれまでなのですが、どこが気になるかと言えば、記事中に赤枠で囲んだ配信時間です。日付はまあ良いのですが、問題なのは「17:01分」。これって

 そんなに117を強調したいのか?

と思ってしまうのです。117が特殊な数字であることは、過去記事「117の呪い」で触れていますが、もしもこの数字が意図的なものであるなら、どれだけ世間を〇カにしているのかと思うと同時に、記事そのものの信憑性が一気に低下してしまいます。

大体、前から何度も繰り返していることですが、

 大陸プレートの存在は一度も確認されていない

つまりただの仮説に過ぎないのに、何で自信たっぷりの確率計算ができるのか、私にはさっぱり分からないのです。何10年も地震研究に予算を投じておきながら、阪神淡路大震災はもとより、東日本大震災だって結局予測できなかったではないですか。

追記

本日18日、起訴された東京電力の経営陣に対して判決が出るようですが、そもそも予測できない事象に対して、予測可能性やそれに基づく信頼性を問う裁判に何の意味があるのでしょうか?

要するに先のことなど何も分からないのですから、大量の放射性物質を抱えた原発を作ること自体がそもそも危険なのです。もちろん、そんなものを作らせた国に責任があるのは明白であり、「風評被害」などという、国民側に責任があるような物言いを国営放送(NHKさん)が使うのは誤魔化しでしかありません。

本件の責任を取り被害者を救済すべきは政府でありますが、東電はその走狗として機能した意味で一定の責を追うのは当然であると考えます。

しかし、現在最も深刻な問題とは、足下にある膨大な数の地下アレなのです。


そりゃぁ、国から予算をもらって地震研究をしている以上、何か発表しないと学者さんも体裁が整わないのは分かりますが、計算根拠となる対象が未確認のままでこんな人が恐がるような数字を発表してよいのでしょうか?少なくともこれじゃぁ学問とは言えません。

こんなことでお茶を濁している暇があるなら、そのプレートやらの存在証明をまずやって頂きたいと私は思うのです。

どうせ一般国民なんかには分からない、と思われているならあんまりですよ。



神代三の年に記す
管理人 日月土

新たな祭の始まり

昨日、知人を介して、千葉県北西部に位置する印西市にお住まいの方から

全体が灰色の軍用機と思われる5機の飛行機が上空を何度もぐるぐると旋回していた

という報告を受けました。時刻は午前11時前後でジェット機だったとのこと。

実はこの時、私も同市の近隣地区を車で移動中で、この報告が指摘している軍機のような機影が2機低空で飛行している姿を遠くに目撃しています。

千葉県北西部は陸上自衛隊習志野演習場、海上自衛隊の下総航空隊基地がある関係で、低空を飛行する軍機を目撃することは少なくないとのことですが、私が目撃した機影から判断すると、自衛隊保有するC1輸送機・C2輸送機とも違うようでしたし、あるなら海上自衛隊の最新対潜哨戒機のP1かなとも思いましたが、こちらは主翼位置など形状的に難があります。

何しろ遠方だったので、目視ではそこまで詳しくは判別できなかったというのが本当のところです。

これだけでも十分に関心を引く話題なのですが、実は機影を目撃したその時、私は全く別の空の現象に驚いていたところだったのです。


写真:再び現れたXX(ダブルエックス) 1月6日撮影

 関連記事:大空のダブルエックス 

いったいこれは何なのか?そして軍機の謎の旋回飛行と何か関係はあるのか?

少なくとも、コロコロ祭、ワクワク祭に続く新たな大恐怖祭が準備されている、それと関連しているだろうというのが、現在の私の見解なのです。


図:今回の記事に関連した地図(関係者用)
 ※どういうことなのかはメルマガで説明したいと思います

お祭サポーターとして、私も、今年はもっと頑張らないといけませんね。

XXとアニメ

ちょっと前の2018年、XXをタイトルに冠したアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」が放映されました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/adoi/20190309/20190309155056.png

この日本古代史の要素をふんだんに織り込んだアニメについては、本ブログ他、(神)ブログでも数回に渡って取り上げています。

さて、このアニメに使用されたXXのサインは、今回及び前年に私が目撃した空のXXと何か関連性はあるのか?はたまた偶然が重なっただけなのか?

それについては、追って解説記事を出すことにしましょう。



神代三の年に記す
管理人 日月土

今年のメッセージ

元日早々、伊豆の河津で大変なことが起きました。死傷者が一人も出なかったことはまさに不幸中の幸いでしたね。



引用元:YAHOOニュース(静岡放送) https://news.yahoo.co.jp/articles/dd658f53f45487231a1bfcdbafdf1962684ced19

 

この報道で私が気になったのは以下の点です。

 102人、80人 → 812: 123便事件発生日
 河津:        123便重要目撃地点、上空通過

暗号としての解釈は色々あるのですが、私が最もしっくりするのは以下の解釈です。

全ての日本国民へ

本年は、災厄甚大であるなれど、心せば難は免れる


暗号性の有無、解読結果の良し悪しなどではなく、いつ災害が降りかからないとも分からない今の世の中で、自分がどう生きるべきか、ぜひご自身の問題として元日の大火が示す意味を考えてみてください。

神道・仏教・キリスト教・etc.. 既に信仰のある方は、各教えの神とご自身の関係、今ある世界とご自身の関係を改めて問うてみるのも良いかもしれません。

自分は無宗教で科学指向だと自認する方は、かつて人がゼロから命あるものを生み出せたことがあるのか、それについて良く調べ考えてみると良いでしょう。

この世界は、人が理解するにはあまりにも広大で神秘に満ちており、正しき道標無しには一寸先も進めないのです。



※元日に(神)ブログメルマガ69号を配信しました。未購読者でも冒頭部分が読めますので、本記事と合わせてこちらも目を通していただければと思います。

 冒頭抜粋:記事解説:SPY×FAMILYに見る月読と市杵島姫 



神代三の年に記す
管理人 日月土

国家権力動員のSPY×FAMILY

この動画を見た時に、思わずのけぞってしまいました。ここまでやるかと、もはや笑いしか出てきません。いよいよニッポン(外国)はここまで落ちてしまったのか?包容力に溢れた日本(にほん)人としても、さすがに開いた口が塞がりません。


動画:https://www.youtube.com/shorts/2_6gwaYMUOs (外閣調査室の極秘ファイル)

これは(新)ブログでもチラッと触れましたが、アニメ「SPY×FAMILY」の主人公の少女「アーニャ」は、何故かいつも「鬼の角」のような髪飾りを頭に付けています。そして大好物なのは「ピーナツ」という設定。はっきり言って、この設定はストーリーと全く関係ありません。


図:ピーナッツとアーニャ


図:アーニャの仮の両親となった黄昏(左)とヨル(右)
動画の電光掲示板に表示されたのは二人の名前
(C)遠藤達哉集英社SPY×FAMILY製作委員会

「アーニャ」という名前はローマ字表記すると「ANYA」。これにフランス語よろしく無音の「H(アッシュ)」を頭に付けると「HANYA」、すなわち「般若」となる訳で、そのものずばり「鬼」を表します。


図:般若面

そしてピーナツとは、落花生を炒ったもの、すなわち「炒り豆」となります。「鬼」に「炒り豆」と言えば、皆さんお馴染みの「節分の豆撒き」なのですが、これは

 炒り豆が芽を出さないようにお前たちも日の目を見ない

という、結構強烈な呪いでもあるのです。

そして、この行事が元々日本古来の神を呪った儀式であることは過去記事で既にお伝えしています。

 関連記事:ニッポン人だけが豆まきを祝う 

この過去記事を書いた時には、私が少女神(しょうじょしん)と呼んでいる古代女性シャーマン、あるいは古代巫女の存在についてまだよく理解していなかったのですが、どうやら、角のある存在とは彼女たちのことで、同時に彼女たちは古代天皇の皇后も兼務、というか古代天皇に求められる存在だったようなのです。すなわち、豆撒きの真意とは

 少女神(皇后)死ね

と、どうもそういうことらしいのです。

また、この「SPY×FAMILY」とタイトルにも含みが多く

 SPY → PSY 超能力
 FAMILY → 家系

となりますから、特殊な能力、おそらく巫女が有する霊的能力を受け継ぐその家系を表しており、それに「×(バツ)」を付けてるのですから、二重に「死ね」と言ってるのに等しいのです。

 関連記事:大祓の終焉 

そう言えば、鬼道(呪術)をよく使うとされ、卑弥呼(ひみこ)の蔑称を持つ神武天皇の皇后である媛蹈鞴五十鈴媛命ヒメタタライスズヒメ)は、既に次のアニメで角の有るヒロインとしてキャラクター化されています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/adoi/20190223/20190223222730.jpg
図:2018 ダーリンインザフランキスのO2(ゼローツー:鬼)、卑弥呼がモデル

このように、「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」、そして「竜とそばかすの姫」や「君の名は」に至るまで、多くのアニメ作品のモチーフに「少女神」がモデルとして使われているのですが、詳しくは歴史専門ブログの(神)ブログをご覧になってください。


図:今年のアニメ作品に見る「角少女」ラッシュ
左端は「チェンソーマン」の「パワー」。右端は80年代懐かしの「うる星やつら」から「ラム」だが、何故に今頃リバイバルなのか?中央のアーニャはベッドで角の生えたぬいぐるみを抱いて寝る。


  * * *

テンポがよく絵もけっこうよく描けているので、私もそこそこ楽しく鑑賞させてもらっている「SPY×FAMILY」ですが、いくらなんでも警察まで呪いの拡散に協力することないのにと思ったりもします。

もっとも、日本のアニメはほぼすべからく「呪い」漬けなので、今に始まった話ではないと言えばその通りなのですが。


写真:これは現在公開中のあのアニメ映画のことですね(笑)
呪い遊びも結構ですが仕事もちゃんとしてくださいよ

最後に、アニメ業界及び警察関係者、そして総合プロデューサーの面々に次の言葉をお届けします。

 人を呪わば穴二つ

意味はもうお分かりですよね?京アニの悲劇を忘れるなということでもあります。

炒豆(いりまめ)にも花咲くのざぞ

日月神示「地つ巻」第25帖



神代三の年に記す
管理人 日月土